英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧




イギリスのトピアリー

円形や四角、動物型など様々な形に刈り込まれた樹木のトピアリー。
もともとはヨーロッパで王侯貴族のお屋敷、庭園で装飾的要素が強い
植栽として取り入られ始めたものだそうです。

b0209976_14581370.jpg

                              ⇈ロンドンの花市場で

b0209976_14401991.jpg

              ⇈テムズ南側の「Iglo」。おしゃれなワインショップ&フローリスト
      
ツゲやイチイの木が主に使われています。
映画「シザーハンズ」でも、ジョニー・デップが、ハサミの手でいろんな形に
刈り込んでました。
あの世界が実際にイギリスの庭園でも、たくさん見かけられました。
この造形の面白さ、何か心惹かれてしまいます。

b0209976_14381876.jpg

              ⇈チェルシーのナーセリー。2.5m以上ある巨大キャンデラブラ型。
               価格も1本20万近くしました。セレブなお宅用。   


自分が見た中では、ロンドン郊外のハンプトンコート・パレスの広大な庭園、
リーズ城の植栽で作られた巨大迷路は興味深かったです。
やっぱりお金持ちのお庭は違います。

でも、普通のお宅や、公園でも。
b0209976_14585816.jpg

              ⇈コッツウォルズの村の個人宅。色んな形と色合いがすてきでした。

でも普通のお宅にしても、トピアリーは形を維持するメンテナンスが
大変です。
やっぱり裕福なお家でないと、管理が難しいのでは・・・。

以前、ケンジントンパレスの公園で、ガーデナーの植栽の刈込の真っ最中に
出くわしました。しっかり観察してしまいましたが、植栽の高さより高い
L字型のスケールを地面から立てて、脚立にのぼり、慎重に作業。
高さも3m位ある樹木だったので、やおいかんなぁ・・・という感じです。

イギリスで盆栽が流行るのも分かる気がします。
形を手を加えて作るという点では、和のトピアリーですよね。
個人的には、円柱型のネジネジや、ゾウ、犬などの動物型の
トピアリーが好みです。
[PR]



by piskey | 2011-06-09 14:53 | 英国くらし

千鳥うちわ*リバティプリントで・・・

先日の護国神社の蚤の市、お手伝いしてくれた友人のTちゃんが

当日持って来てくれて、自分にも一枚プレゼントしてくれた

形がかわいい和紙のうちわ。


b0209976_1682586.jpg

                           Tちゃん、優しい気遣いありがとう。

曲線のラインと、木製の持ち手がすてきです。ひももついているので、

壁に掛けられるので便利。普通のうちわより、コンパクトでエレガントです。

この形、「千鳥うちわ」というそうです。


実は先日、教育テレビの切り絵の番組にこのうちわが使われていて

とても気になっていたのでした。


無地なので、涼しげなブルー系のリバティプリントで、装飾してみました。

b0209976_1691271.jpg


と、いっても、型紙を書いて、切り取って、木工用ボンドで、

貼り付けてできあがりの簡単仕様。

b0209976_1693934.jpg


つばめのつもり・・・ですが、偶然にも千鳥のようになってしまいました・・・。

羽根が大きすぎたかな。汗。

b0209976_169586.jpg


Tちゃんに、「台無し~。」とがっかりされないか、ちょっと心配。
[PR]



by piskey | 2011-06-08 16:16 | リバティ/てづくり

ソフビのプードルちゃん

ヴィンテージのソフビ(ソフトビニール)製のプードルのトイ。
押すと、ミーミー♪音がするはずの作りですが、今はスースーです。

色が抜けていて、すっかり肌色になっていますが、
もともとのボディの色はオフホワイトで、リボンや鼻・口にも
着色があったようです。

b0209976_1422686.jpg

                            ↑何故か一部は激しい水色に・・

b0209976_143980.jpg

                              ↑アップにも耐えうる愛嬌もち♪ 

足裏には、「rosebud MADE IN ENGLAND」の刻印が。

実は、こちら断舎利中というあるお客さまが、「こちらのお店にあうんじゃ
ないかしら・・・。」と昨日わざわざ、お持ちくださったものです。

恐縮しながらも、「え~、こんなにカワイイものを!」と、一目ぼれでした。
お店のカウンターレディ(?)として、これから愛想を振りまいてくれそうです!

b0209976_1415448.jpg

                              ↑なぜか毛並はリアル

b0209976_1433978.jpg

                               ↑無防備な後姿と、気になる後頭部


ソフビ人形は、蚤の市などでも今まで見かけた事あまりないような・・・。
大切に飾りたいと思います。mさま、ありがとうございます。
[PR]



by piskey | 2011-06-04 14:22 | 英国ヴィンテージ

イギリスの植物 その6* アジサイ

日本から海を渡って、ヨーロッパで大人気となった植物、アジサイ。
西洋アジサイとして品種改良を重ねられ、咲き方・色合い、本当にさまざまな
種類があります。

イギリスでは、個人宅、庭園、お花屋さん、ナーセリー、いろんな所で見かけます。

こちらは、LONDON南部vauxhallにある花市場
オランダからの輸入のアジサイが、所狭しと並んでいました。
b0209976_1942638.jpg
b0209976_1944574.jpg

                     ⇈真っ白の輸入切花は日本のお花屋さんでも人気です

↓こちらはV&A博物館の中庭。
b0209976_1973244.jpg


目がくらむ美しさで、思わず「本物?」と駆け寄ってしまいました。
広い中庭の両サイドに、建物のレンガと相まって、庭自体がアートに。
圧巻でした。

b0209976_19749100.jpg

ちょうど3年前ですが、忘れられない光景です。

ちょうどこれからの旬の花。今年も楽しみです。
[PR]



by piskey | 2011-06-03 19:18 |

カップケーキとメレンゲ

いつも眺めるだけで、まだ試したことがないスイーツ。

デコレーションがとってもかわいいカップケーキとメレンゲ。

b0209976_1711563.jpg


カップケーキは、ほんとにビックリするよう程、体に悪そうな

デコレーションの数々。

お店のディスプレイに使っているスイーツショップ多数でした。

b0209976_1713485.jpg

                                 ↑毒々しいかわいさ☆


そして色んないろどりのメレンゲ。

b0209976_1715655.jpg

屋外のフードマーケットで良く見かけます。

この巨大メレンゲを初めて見た時は???でしたが、

お兄さんに尋ねたところ、「甘くておいしいよ~!」とのこと。

そりゃ、どれだけ甘いのか?という恐怖で、トライできませんでした。

次回遭遇したら、ぜひチャレンジしたいと思います。



見た目はかわいいけど、
甘すぎるだろうな・・・。
[PR]



by piskey | 2011-06-02 17:45 | あまいもの/たべもの

イギリスの植物 その5*フクシア

ピンクに濃い紫の花弁、下向きにぶら下がるように咲くフクシア。

イギリスでは、ハンギングバスケットやフロントガーデンのアクセントに
良く見かけます。

最初はこのピンクに紫というドギツイ配色に馴染めませんでしたが、
イングランドのどんよりした曇り空や、太陽が低く陽射しがキツイ時候にも
良く映えることに気が付き、形のかわいさもあって、好きな植物になりました。

イギリスでは濃いピンクと紫、濃い紫に黄色など、日本では「うッ!」と思う
配色でも、とてもステキに見えるから不思議です。

b0209976_14181212.jpg

                        ↑イングランド南海岸のWinchelseaの村で。
                         初めて見るような立派な大きさでした。

まさしくフクシャピンクです。

英名は「Lady ear drops/レディー・イヤー・ドロップス」、婦人のイヤリング。
かわいい名前です。

他にも白いにピンクの花弁や様々な品種がありました。
b0209976_14191713.jpg

                           ↑たくさんの小さな花火のよう

高温多湿の日本では、夏の栽培が難しいようです。
花屋をしていた時、花市場で見つけて、買付けた事ありましたが
売れ行きは今ひとつでした・・・汗。



************************************************************************
科 : アカバナ科 Onagraceae
属 : フクシア属 Fuchsia
原産:熱帯・亜熱帯地域
[PR]



by piskey | 2011-06-01 14:35 |

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

●イギリス デヴォンシャー ..
at 2018-07-30 21:58
Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58

検索

ブログジャンル