英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

タグ:音楽 ( 12 ) タグの人気記事




David Bowieを訪ねて@BRIXTON /ロンドン ブリクストンへ

・2016年6月

今回買い付けの最終日までに訪れたかった場所。

ロンドンの地下鉄の南北を走るヴィクトリアラインの最南端の駅、

Brixton /ブリクストン 。



地下鉄の階段を上がるとすぐに目に入る目的地のデパートが。



b0209976_21420449.jpg



その前に気持ちを落ち着かせて、目の前のお花のスタンドへ。


b0209976_21430963.jpg


たくさんのお花の中から、日本らしさが少しでも感じられるお花をひと束。


道路を渡って、デパートMorleysの壁面へ。




b0209976_22433853.jpg


2003年に描かれたDavid Bowieのアラジンセイン。





b0209976_21483477.jpg


まだお花もたくさん。

彼が亡くなった時に、夜通しこの絵の前で大勢のファンが

歌い偲んでいる映像を見て、飛んで行きたかった場所です。

やっと行けました。

b0209976_21435612.jpg


芍薬のお花を手向けて、

たくさんの愛の詰まった壁を見てじんわり。




b0209976_21455202.jpg


私も一言だけメッセージを。






それから、ハイストリートを北へ。

左に折れて、ブリクストンアカデミーを過ぎてさらに左折。

b0209976_21464116.jpg


通りの名前のプレートが。

着きました。

b0209976_22572167.jpg



40 Stansfield Road,Brixton, デヴィッド・ボウイこと

デヴィッド・ロバート・ジョーンズが生まれ、幼少期を過ごした場所です。




b0209976_21495791.jpg




テラスハウスが両側に続く、静かな住宅街。

番地が全てドアについておらず、ご近所の方に申し訳ない…と思いつつ、

訪ねたところ、「あぁ、あそこだよ。」と指差してくれました。


黒いドアの一区間でした。

b0209976_21515148.jpg

ここで小さなデヴィッド少年は近所の友人たちと遊んだり、

窓から顔をだしたり、

お母さんに叱られたりしていたのでしょうか…。


b0209976_21524765.jpg


生前、奥さんのイマンさんとお嬢ちゃんにも

自分が生まれ育った場所を見せたいと、NYから

家族を連れてここを訪れたという記事も出ていました。



どんな風に振り返っていたのでしょうか。



端から見ると、道路で涙ぐんでいるへんな東洋人です。


ごくごく普通のロンドンの小さな通り。

数軒は「売り家」の看板も。


いずれイギリスの著名人の住処の証し、

ブループラークが付くのかもしれません。


b0209976_21532820.jpg



駅への帰り道、学校帰りの子供たちとすれ違い、

キャッキャと笑う小さなデヴィッド・ボウイを妄想です。



b0209976_21540089.jpg



ここブリクストン。

とても馴染みのある町です。



留学していたその昔、ここから更に南の

アッパーノーウッド(クリスタルパレス近く)に住んでいたので、

セントラルに出るときは、3番のバスで通るか

ブリクストンで地下鉄に乗り換えをしていました。

b0209976_21504432.jpg

現在はおしゃれなお店やおしゃれマーケットがあり

その近年の激変振りに驚きです。


アーケード内のブリクストンマーケット。


日本食レストランまであります。


b0209976_21544975.jpg

留学時はイギリス人はおろか、東洋人すら全く見かけない

アフリカンカリビアンの移民街。


犯罪の多発地帯でここを通る時は、正直毎回緊張していました。

実際、ケンカにも遭遇したりドランカーに声を掛けられたり。


お花の学校に通い出した頃、たくさんの花を抱えて帰る東洋人は、

この町のバス停で完全に浮いていたように思います…。


なのでデヴィッド・ボウイの出身地と聞いて全くピンときませんでした。


彼が生まれた1947年はどんな町だったのでしょう。



ここ10数年でおしゃれスポットになり、

カフェでイギリス人がお茶をしている姿に時の流れを感じます。




b0209976_21553914.jpg

でもレゲエ音楽がかかる中、

露店には、見た事のない野菜や調味料、

アフリカの衣料品も並んでいたりの姿は変わらずです。





お宿に帰ってから、自分にもと2本お揃いの芍薬を部屋に飾りました。



b0209976_21570583.jpg



もうすぐお誕生日。そし一年が経ちますね。

一年あっという間です。



日本での「David Bowie is」もまもなく開催ですね。

もともとは当時、存命中のアーティストとして異例の

最大規模の展覧会ということもイギリスで話題となりました。

日本では違う意味の回顧展となってしまいました。。

b0209976_16494059.jpg

(2013年のV&A David Bowie is はこちらから☟)




ぽっかり開いた穴は埋まりませんが、

嘆き悲しむより、残した曲を聴いてくれとデヴィッド・ボウイも

言い残していたようです。










興行はこけてしまったようですが、初めて大きなスクリーンで

デヴィッド・ボウイを観た思い出の大好きな一曲です。











[PR]



by piskey | 2017-01-05 21:40 | 英国旅日記

Rumer ルマー♪ /Goodbye Girl

包み込まれるような歌声。
ルマー、イギリスの大好きなヴォーカリストです。

繰り返し繰り返し、聞いてしまいます。

PVに映る、イギリスの景色、描写もツボります。





ロンドンのスノードーム、キルト、入場券、窓からの木々、食べかけのシリアル、枯れた蘭蜂に、ミッドセンチュリーの家具、落ちた手袋、林檎の芯。

編み込みセーターのむさい、いえ、素朴な男性も素敵です。

曲は1977年、同名の映画の主題歌のカバー。
映画は観てないですが、デヴィッド•ゲイツさん、男声ヴォーカルなので雰囲気が全く違います。
歌詞もじんわりきます。

サビの部分です♪


Goodbye doesn't mean forever

Let me tell you goodbye doesn't mean

We'll never be together again

If you wake up and I'm not there, I won't

Be long away

'Cause the things you do my Goodbye Girl

Will bring me back to you.
[PR]



by piskey | 2014-09-07 22:53 | 音楽・映画・本

NMEアウォーズ2014


今朝は、NME(英国の音楽雑誌)が選ぶ、NMEアウォーズ2014年が開催されていて、
3時間程、サイトの配信Liveで楽しむことが出来ました☆


先日行われた、ブリットアウォーズに引き続き、アークティックモンキーズが強し!でした。

朝から新旧さまざま、ポール・マッカトニーやディモン・アルバーン、イギ―・ポップなど豪華な顔ぶれを
拝ませていただきました☆

ブロンディのライブも有り、久しぶりに観て驚き。
ヴォーカルのデボラ・ハリーは御年68歳!まだまだ現役、恐れ入りました。


●HPhttp://www.nme.com/
The full list of winners at the NME Awards 2014 with Austin, Texas is as follows:

↑より、↓今年の主な受賞者リストです♪

●Godlike Genius
Blondie

●Songwriters' Songwriter
Paul McCartney

●Award For Innovation
Damon Albarn

●Teenage Cancer Trust Outstanding Contribution to Music Award
Belle & Sebastian

●Best British Band supported by Windows Phone
Arctic Monkeys

●Best International Band supported by Austin, Texas
Haim

●Best Solo Artist
Lily Allen

●Best New Band supported by Mossimo
Drenge

●Best Live Band supported by Gig Buddy
Arctic Monkeys

●Best Album supported by PS4 InFAMOUS Second Son
Arctic Monkeys, 'AM'

●Best Track supported by Blackstar Amps
Disclosure, 'White Noise'

●Best Music Video supported by Domino's
Eagulls, 'Nerve Endings'

●Best Festival
Glastonbury

●Best TV Show
Breaking Bad

●Best Music Film
Made Of Stone

●Philip Hall Radar Award supported by Monster Headphones
Fat White Family

●Best Reissue
The Clash, 'Sound System'

●Best Band Blog Or Twitter
Alana Haim, Haim

●Best Book
Morrissey, Autobiography

●Best Small Festival
Swn




b0209976_18595590.jpg

[PR]



by piskey | 2014-02-27 19:06 | 音楽・映画・本

「Let Her Down Easy」

仕事中、BBCラジオ2をかけていますが、最近「お!」と思った曲が。

懐かしいけれど、何か違う。そう歌声とアレンジが違う・・・。




カバーしたのは、ジョージ・マイケル。彼が歌う「Let Her Down Easy」。

PVも映画のようで美しく。


↓オリジナルのテレンス・トレント・ダービー(今はサナンダ・マイトレーヤさん)。
こちらも、美しい歌詞とともに、とても胸にきます。



ふたりは同世代だった事に初めて気づきました。ジョージの方が一つ年下なのですね。

ジョージ・マイケルはTTDが出始めた頃から彼の音楽を賞賛していたようなので、
カバーを歌うのも納得です。

こうして聞いてみると、「One More Try」、「A Different Corner」にも曲の雰囲気が似ていて、
カバーの感じがしないでもあります。

TTDも大好きではまったアーティストでした。

1990年代に2回、福岡に来福していますが、福岡サンパレスのライブに行って
熱狂したのは忘れられない思い出です。

本当に生のパフォーマンスは素晴らしすぎました。
楽屋でワナワナ震えながら差し出したチケットの半券に書いてもらったサインは、
Kちゃんの思い出とともに。
 


そしてジョージ・マイケルは久しぶりに、この曲も入った新譜を3/19に発売とのこと。
↓ニュース記事です。
http://www.mtvjapan.com/news/music/23562

2011-12年のヨーロッパツアー、ロンドンではロイヤルアルバートホールで行われていました。
BBC交響楽団をバックに、ロイヤルアルバートホール!あぁ、行きたかった~。
その時のライブ音源で作られているようです。楽しみです。

しつこいですが、↓こちらはコワモテのジョージ・マイケルのライブ画像版です。




近年も肺炎で死にかけたり、交通事故に巻き込まれたりとついてないジョージさん。

いつまでも元気で、美声を聞かせてほしいです。
[PR]



by piskey | 2014-02-17 20:26 | 音楽・映画・本

ヤァヤァヤァ、Paulが福岡にやって来た!

b0209976_2194015.jpg

ヤフオクドーム。
名称が変わってから初めて来たのは、この方に会うためです☆
b0209976_2194039.jpg

開演前にパチリ。S席でも遠い〜けど、paulさんを見下ろす位置に☆
b0209976_2194197.jpg

英国旗、
b0209976_2194332.jpg

さらにでっかいサイズも持参しました!

ジャーン‼と「Eight Days A Week」でオープニング。

そして「カエッテーキタバイ‼」
まさかのPaulの博多弁の第一声で始まった内容は盛り沢山、ビートルズからウイングス、新譜の「NEW」まで。

まさか、「Hey Jude」をポールと福岡で大合唱出来るとは…涙。

ギター一本で始まった、「Let it be」「Yerterday」では、周りの年上男性、頬を拭ってらっしゃる方々も…。胸熱。

いろんなギターにピアノを代わる代わる、70歳過ぎても、キーを変えずに歌い切る。

無尽蔵のヒット曲たち。
新譜も日本で、「チャート一位にしてくれてありがとう!」と。
本国では、二位だったようですから、嬉しく思ったのでしょうね…。


「アリガトウ‼」、「サイコウ‼」、「スバラシイ‼」と、曲の合間合間に、ずっと言っていましたね。

今の奥さん、そしてリンダさん、ジョージ、ジョンに捧げる曲もそれぞれ言葉を添えて歌ってくれました。


夢うつつな2時間45分、贅沢極まりない時間でした。
冥土の土産になりました☆

アンコールの最後では、客席から、お相撲のぬいぐるみが投げ込まれたせいか、シコを踏みながらはけて行ってました!茶目!


福岡に来てくれて、ありがとう!
[PR]



by piskey | 2013-11-15 23:59 | 音楽・映画・本

●spring 2013買付け日記*大回顧展「David Bowie is」@V&A

・11/04/2013

6:30起床
ホテルのイングリッシュ・ブレックファスト。

おなかを満たして、最後の一日始まりです。

8:30過ぎ、最後のアンティークハントへ。
b0209976_1647491.jpg

↑並べているだけで、絵になります。絵ですけど・・・。

最後の最後に、シェリーのティーセットを発見!恐ろしい重さの手荷物が確定しました。
紙もの、ボトルやテディベアなどなども。
b0209976_1642313.jpg


↑いつも紙もの屋さんにいる毛むくじゃらのワンコ。


ホテルに戻って、最後のパッキング。スーツケース、何キロになっただろ。リュックもパンパンです。

チェックアウトを済ませて、荷物をフロントに預かってもらって、V&Aへ。

前年に開催が決定してからとても楽しみにしていた、

デヴィッド・ボウイの初の大回顧展。「David Bowie is」


b0209976_16464721.jpg


↑幕には、「David Bowie is here」と書いてあります☆

開催前から、オンラインでのチケット販売は早々に会期中分がsold outになる
大人気ぶり。V&Aのチケット販売の記録を打ち立てたそうです。


b0209976_16472046.jpg


前々日に奇跡的に入手できた、予約券

11:15のチケットを握りしめて、列に並びます。

b0209976_16484781.jpg
ワクワク。

b0209976_16491660.jpg


shopを横目にワクワク。帰りのお楽しみです。
b0209976_16494059.jpg



もちろん中は撮影NGだったのですが、濃ゆく凄い充実度。

前評判も高く、本当に半年前から楽しみにしていたので、

行けて良かった×2です。



入口でヘッドセットが配られて、音楽とともに、

10ケ月の赤ちゃんのデヴィッド・ボウイの写真から、

初めて祖父から贈られたというサックス、

「デヴィッド・ボウイ」誕生のレコード会社からの通達書や、

代表曲の数々の衣装に自筆の歌詞、

ツアーステージのスケッチなど300点の展示、

出演映画の上映などなど・・・書ききれません。




山本寛斎さんが手掛けた衣装も数多くありました。

「出火吐暴威」(デヴィッドボウイ)の大きな名前入りとか・・。

スターマンのボディスーツが、

リバティプリントの生地を使用していたのも、感動。



今は亡き、アレキサンダー・マックイーンがデザインした、

ユニオンジャックのスーツも実物を

見ることができました。↓こちらですね。お借りしました。

細部まで作り込んであり、凝視。


b0209976_21352371.jpg








b0209976_176467.jpg


ただ、モノを並べるだけではない体系的な見せ方、

展示の方法が圧巻でした。


V&Aのキュレーターの腕の高さ、デヴィッド・ボウイ愛、

プロデュース力を見せつけられた感じです。




ビル2.5階分位ありそうな、吹き抜けのライブ会場を

そのまま持ってきたようなコーナーが圧巻でした。

老若男女みんなノリノリで、クラブ⁉︎と思うほど。

博物館の中というのを忘れそうでした。



エキシビジョンに集う、様々の国籍の、

様々な10代から恐らく70代位までの人人人・・・。



その人誰もがDavid Bowieが大好き!!!という目をしていて、

愛にあふれた本当に心から楽しい空間を共有できました。

こんなに幸福感を味わえるエキシビジョン、

初めてだったかもしれません。


気が付けば、たっぷり2.5時間もいてしまいました。

もっともっと見て聞いてその世界に浸っていたかったです。

b0209976_17113372.jpg



開催は、8/11までです!

米国での巡回が決まったようなので、日本にも来ないかな~と期待します!

あぁ、今回の買い付けのご褒美をもらったようでした。


初めてこちらで病院にかかったり、

ちょっとしんどい買い付けでしたが最後に救われました。



英国好きになったきっかけは、このお方に15歳位の頃に出会ったからでした。


この後は上階の食器のコーナーに行って、お勉強を。
展示がまた進化していて、興味深い内容がたくさんでした。


b0209976_17271496.jpg


V&Aの中庭。


今、紫陽花が見頃でしょうか。こちらの紫陽花、ピンクと紫で本当に綺麗です。



ようやく今回の買付け日記も終了です。
b0209976_17314855.jpg


おつきあいくださったみなさま、ありがとうございます☆
b0209976_17321074.jpg


b0209976_17322318.jpg




V&A 「David Bowie is」 HP
様々なコンテンツから動画や関係者のインタビューなど見ることが出来ます☆


Victoria and Albert Museum
Opening times
10.00 to 17.45 daily
10.00 to 22.00 Fridays

[PR]



by piskey | 2013-07-09 16:40 | 英国旅日記

♪中洲JAZZ 2011 vol.03

昨晩のお出掛け。

久しぶりに中洲へ。

こんなに楽しいイベントが行われているとは!

今年で3回目という、中洲で行われるフリーのジャズライヴです。
b0209976_18341.jpg

お隣のオーナーさんが声を掛けてくれるまで、知りませんでした・・・。
キャナルシティを含む中洲のあちこちのステージ会場で、2日間にわたって
いろんなミュージシャンの音楽♪を楽しめます。
生の演奏を聞ける夏の夜。

今晩のお目当ては、ケイコ・リーさん♪

西中洲の貴賓館前はすでにすごい人出。
b0209976_1833126.jpg

マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」の
カバーからスタートです。

b0209976_1823720.jpg


ジャズはそんなに詳しくありませんが、スタンダード、カーペンターズのカバー等、
ポピュラーな曲も多く演奏してくれました。
背後の暗闇から虫の音も聞こえる中、ハスキーかつ力強いヴォーカルを
聞かせてもらいました。
歌がうたえるってほんとすてき。
b0209976_18103074.jpg

アンコールにも応えてくれて、1時間あっという間です。

三々五々帰っていく中、サプライズゲストの登場-☆
みんな急いで戻ってきました!
b0209976_18105521.jpg

トランペット奏者の日野皓正さん~。
日野さんが1曲「ふるさと」を演奏して、みんなで合唱♪

素敵な夏の夜になりました。





今晩も行ってしまうかも・・・。


                    ●NAKASU Jazz 2011  




                         
[PR]



by piskey | 2011-08-27 18:17 | 日々のこと

Ezra StreetとBurt Bacharach

バート・バカラック。

好きになる音楽はUKロックやポップが多いですが、
アメリカの音楽家・バート・バカラックは特別な存在です。

カーペンターズの「Close to You」や、ディオンヌ・ワーウィックの楽曲、
映画音楽「明日に向かって撃て!」、「007/カジノロワイヤル」などの映画音楽、
たくさんのUKアーティストや日本のアーティストにも影響を与えている
御年83歳!で未だ現役の作曲家でありプロデューサーです。

b0209976_13241699.jpg


中学生の時に観た「明日に向かって撃て!」の「雨にぬれても」を聞いたのが
はじまりでした。

幸運にも、1997年のイギリス滞在中に偶然公演があり、生でバカラックとロンドン
フィルハーモニー演奏のコンサートを聞くことができました。

会場が憧れのロイヤルアルバートホール、しかも当日の前座がSwing Out Sisters
というびっくりのコンサート。
Swing Out Sistersは、本国では日本ほどポピュラーでないことが明白に・・・。

数台のピアノとキーボードを、操りながらダイナミックに生き生きと演奏する
バカラックの姿は、いつまでも忘れられません。

↑上の写真は、2005年リリース「At This Time」のもの。

最近この写真からの小さな発見が。
何気に写真を見ていて、なんかこの背景の町並、見た事あるような・・・。

b0209976_13264759.jpg


ムム、背景のパン屋さん!!「S.Jones」の看板が。
この写真は去年の旅の途中に撮影したものです。

「Jones Dairy」という小さなパンとカフェのお店。
営業中は、お店はガラス窓ですが、バカラックの写真はロールブラインドを
閉めた状態のよう。建物の二階の窓の形やレンガの色合い、石畳も一緒なので
間違いない!

東ロンドンにあるエズラストリートという、とっても小さな路地のような通りです。
日曜日は、フラワーマーケットが近くで行われているので
賑わっている通りではありますが、何故、バカラックがここで撮影しているかは
とっても謎です・・・。
でも、バカラックが佇んだ通りに自分も行ってた~☆と思うと
ひとり自己満足だったのでした。

マニアックなネタでした・・・。



バカラックと同じポージングで撮影するならこちらのお店の前で!
Jones Dairy
[PR]



by piskey | 2011-08-17 13:50 | 音楽・映画・本

CANVAS/カンバスさんのLive

昨晩は久しぶりにライヴ♪に。

しっかり腹ごしらえをして、会場へ。しかし歩けども歩けども場所がみつからない・・・。

なんと、調べた地図情報が古かったらしく、お店は移転されてるとのこと。

チーン!うう、やらかしました・・・。巻き込んでしまったFさん、本当にごめんなさい。


おつむが弱い機能の携帯で何とか探し出して、何とか辿りついたら既に22時。

これでライヴが終わってたら、本当に撃沈されるところでしたが、

ちょうど二組目。今から「CANVAS」さんの出番♪でセーフ。ほっ。

b0209976_13104313.jpg

                      ⇈中央区清川の「cafe&bar gigi」さん

「CANVAS」さん。アコースティックギターとベースギターの心地よいサウンドに、

あたたかいうたごえ。癒されました。

ステキな楽曲はこちらのHPで聞くことができます。

作詞・作曲にギターも弾けて、歌もうたえるってすごいなぁ。


3組目、「ゴーグルズ」さん。オリジナリティあふれる歌詞。面白すぎ・・・。

きっと、ゴーグルつけて演奏は、譜面見づらいでしょうに。


自分で作詞作曲して、ギターを掻き鳴らす。うーん!

数年思っていたギターやってみたい熱が再燃した夜でした。
[PR]



by piskey | 2011-06-12 13:19 | 日々のこと

「SONGS FOR JAPAN」

先月発売された、チャリティコンピアルバム「SONGS FOR JAPAN」。

所属レーベルを超えて、ジョン・レノンからレディガガまで、

38組ものビッグネームのアーティストの楽曲が入った

とてもゴージャスなアルバムで、話題となりました。


収益は東日本大震災の復興支援に充てられるということで、

選曲のラインナップを見てもジーンとするものが・・・。

U2 “Walk On”、シャーデー “By Your Side”、ノラ・ジョーンズ “Sunrise”
エルトン・ジョン “Don't Let the Sun Go Down on Me”、
ジョシュ・グローバン “Awake”などなど・・・。



b0209976_16251970.jpg


父が購入していたものを、今月の筥崎宮の蚤の市でチャリティバザーとして出品。


こちら輸入盤で、日本語のブックレットも何もついてませんでした。

出品前に中を開けたところ、父が新聞を切り抜いたものが

中に挟まっていたのですが・・・。

b0209976_16253419.jpg



父の字で、まさかのクィーン:日本人?疑惑が・・・。

日本語を交えた曲が収録されていたためと思われます。

それから、実家の父とは話をしていないので、きっと未だ父は疑惑を持ったまま・・・。

フレディ・マーキュリーも驚くだろうな・・・。

父よ、クィーンには日本人ひとりもいないですよ!イギリスのバンドです!


出品前に中を開けてみて良かったです。

お買い上げくださった女性の方、ありがとうございました。
[PR]



by piskey | 2011-05-24 16:41 | 音楽・映画・本

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル