英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

タグ:伝統 ( 52 ) タグの人気記事




ガミガミ*ケーキ

南イングランドの城下町Arundelで出会った伝統あるtea room。

初めて「ヴィクトリアン・スポンジ」と呼ばれる

ケーキに挑戦。


ケーキの大きさに、「これをどうやって完食すべきか・・」と

思いながら、一口。


b0209976_604386.jpg



見たまんまの激甘。。。しかも食感が、砂糖でジャリジャリ。

このケーキは、ヴィクトリア女王のお気に入りだったとかで、

昔は家庭での手作りケーキの定番だったそう。

しっとり&ずっしり系スポンジケーキに、ジャム(こちらはラズベリージャム)、

クリームをはさんだシンプルなもの。

ジャリジャリの犯人は、クリームだと思われます。

甘さ控えめの日本のケーキに慣れると、本当に頭が割れるような甘さ

にクラクラです。


今まで英国で出会ったsweetsの中で、口の中がガミガミする甘さ度

NO.2でした。

NO.1の栄誉は、以前ロンドンのイタリアンカフェで出会った、真っ黒なチョコレート

ブラウニー。噛んだ時、歯の上下がムリッとくっついて離れませんでした。
[PR]



by piskey | 2010-09-14 00:00 | あまいもの/たべもの

恋におちる

LIBERTY of LONDON

ロンドンのRegents streetに現れる姿。
初めて訪れたロンドンで、まず驚いたのはその外観。

チューダー様式の建物。黒く光る何本もの梁に
白い壁、三角屋根。
「お屋敷!?」「これデパート!?」

b0209976_23541160.jpg



中に入って、さらに驚きが。
内装は、いい色にツヤツヤのダークブラウンの柱やフローリング、
階段、天井までの吹き抜け、たくさんのレリーフ、キルト、
タイルのはめ込まれた暖炉。

正直、商品を見るどころではなく、建物の雰囲気にすっかり
魅了されてしまいました。

↓吹き抜けのシャンデリアもゴージャスです。

b0209976_23544037.jpg



洋服などはブランド別に部屋で区切ってあるわけではなく、
上からワイヤーハンガーで吊るしてあって、
ディスプレイもアートのようでした。

フロアごとに、ひとつひとつ感動がありました。

大げさですが、本当に感嘆して、買い物どころではなかったです。
そうかといっても旅行者の為、時間に限りもある訳で、
幾つかのリバティプリントの小物を購入し、
後ろ髪をひかれながらお店を後にしました。

b0209976_2355667.jpg


⇈店内で撮影するのには、ちょっと勇気がいります・・・。

すっかり今から15年以上も前の事ですが、この完璧なクラッシクさ、優雅さに
この時にすっかりやられてしまったのでした。

恋のはじまりです・・・。
[PR]



by piskey | 2010-09-13 22:46 | リバティ/てづくり

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧