英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

タグ:伝統 ( 52 ) タグの人気記事




池坊展/華展

朝イチで岩田屋に毎年恒例の池坊の全国巡回展を見てきました。

デパートに開店と同時に入るのは初めてかも・・・。

しかし、最終日とあってか、もうすでに会場は黒山の人だかり。

b0209976_20185546.jpg

今年は、入口正面にドドーンと、巨大立華がお出迎えです。

通常は壁を背にして飾るので、360度ぐるりと見られるのは

とてもお勉強になります。

が、巨大過ぎて、何がどうなっているのかは謎でした・・・。勉強になってない(汗)。
b0209976_20191218.jpg

来年、550年だそうです。
池坊を学んでいて楽しい所は、やはり数百年前から伝承されている
哲学や教えがあることです。
そして、数百年前の人と、同じ型・同じ種類の花でお花を生けたりできることです。
ちょっと、トリップしてしまいます。

自分が好きな作品をいくつか撮りましたが、かなりの駆け足だったので
画像が良くないです。残念。

b0209976_20192585.jpg

↑池坊らしい、ボケとホトトギスのすっとした生花。
b0209976_20194443.jpg

↑古典の再現。小菊とはらんのみの簡素な美。
b0209976_20195672.jpg

↑こちらも古典伝承。小菊のみで背筋がスッとなる美しさです。
b0209976_20201043.jpg

↑こちらは、自分のお師匠、井上先生の立華。
撮り方よろしくないので、こちらご覧になられたら、怒られそう(笑)。
今年も素敵でした。

b0209976_20203483.jpg

こちらは、次期家元池坊由紀さん作。
ダイナミックなスケール感のある吊り花。
毎年メカニックは繊細です。

b0209976_20204744.jpg


真っ暗な落ち葉が積もったアプローチを進んでいくと・・・、
b0209976_2021497.jpg

家元・宗匠の池坊専永さん作品です。
毎年ストーリー性がある造形美ですが、今年も大作です。

手前には池がつくってあります・・・。

b0209976_20212255.jpg

ゆっくりと陽が落ちていくかのように照明が変わっていき、日の移ろいが花に映る
とても幻想的な作品でした。鈴虫の鳴き声の演出も。

全国でこれを再現されているかと思うと、スゴイです。
b0209976_20213616.jpg

今年は古典のコーナーがとても充実していて、いろんな作品を見ることができました。
温故知新。
b0209976_2022521.jpg

違うデザインを両面から見ることができるオブジェ的な作品も。
b0209976_2022165.jpg


もみじ狩りに行けそうにない自分にとって、とても癒し効果のある華展でした。
そして、枝をたわめたい欲がふつふつと・・・。

b0209976_20223479.jpg

マムのうさぎも、早くお稽古やりなさい~と、言っているようでした。

たくさんのステキな作品を拝見できた、朝のうららかなひとときでした。
[PR]



by piskey | 2011-10-10 20:13 |

イングランドの小さな村のレシピブック

イングランドの南部、ハンプシャーの小さな村Selborne/セルボーンを
旅したのは10年くらい前。

小さな教会を中心に、パブとアンティークの店が数軒あるとてもこじんまりした
自然あふれた田舎ののどかな村でした。

その時に、村のi(ツーリストインフォメーション)兼郵便局で買った1冊の本。
b0209976_16272574.jpg

B5版の「ポットラック」という、この村の住人の家庭料理、村の伝統料理のレシピを
集めたものです。
買ったものの読むこともなく、もちろん作ることもなく10年・・・。

今となってはどうして買ったのかも忘れてます。
久しぶりに中を開けてみると・・・。
b0209976_16274041.jpg


レシピ集なので、出来上がりの写真も何もなく、材料と作り方のみ。
知らない料理は、出来上がりを想像するしかありません。

レシピの後には、レシピの持ち主の名が全部記してあります。
ご近所同士、「あなたのこのレシピ、おいしかったわ~」(もしくはその逆も)
という会話も弾みそう。田舎ならではあたたかい本です。

b0209976_16282057.jpg

⇈メイン料理には、野ウサギシチュー・・・。田舎のイギリスらしい。
本の構成もスターターから、メイン、プディング、焼菓子まで
200種類ほどのバリエーション。
当時村の住人が650人との記載なので、1家庭1つはレシピを出していそうな数です。

b0209976_16291654.jpg

⇈クリスマスのスペシャルケーキなのに、3行しかないレシピ・・・。
材料もいれて10行の内容で、本当にできるのかは謎だらけ。

b0209976_16293128.jpg

スイーツは、フランやムース、フラップジャック、ジンジャーブレッドなど
英国菓子でおなじみのものもたくさん。

パラパラとみて、閉じ終わりました・・・(汗)。
興味があるレシピはあるものの、再現することは自分にはなさそうです。
旅の記念に自分で買ったものの、10年もねかせて
どうやら自分には無用のよう。
この日本に渡ってきたレシピたちのためにも、
使っていただけそうな方へお渡ししたいと思います。

b0209976_1721492.jpg

[PR]



by piskey | 2011-09-28 17:00 | あまいもの/たべもの

イングランドの美味しいもの*「Mother Mash」

イギリスの家庭で、毎日のようにプレートの一角にのる
マッシュポテト。
メインディッシュに添えられるゴハンの感覚。

ジャガイモを茹でて、つぶして、熱いうちにミルクとバターを足して
なめらかにして、塩・コショウで味付け。
チーズを入れたり、ハーブを足したり、バリエーションもいろいろ。
きっとそれぞれの家庭の味があるんだろうな、と思います。

数多くあるジャガイモ料理の中でも、好きな種類のひとつです。


外で食べられる、美味しいマッシュポテトとソーセージ・パイのお店。
ロンドンのリバティや、カーナビーストリートにほど近い、
「Mother Mash/マザー マッシュ」です。
b0209976_14264184.jpg

                          ↑シックな茶系の外観

b0209976_14265866.jpg

                     ↑大きな天窓がありとても明るい店内です

外国のメニュー、分からないときは本当に注文するのが難儀ですが、
こちらはとっても分かりやすいです。

①マッシュポテトの種類を選ぶ→②ソーセージ(またはパイ)の種類を選ぶ
→③最後にグレービーソースの種類を選ぶ!

でも、それぞれ6~8種類くらい、いろんな種類があるので迷ってしまいますが。
マッシュは、クラッシクなタイプから、チーズ、オニオン、マスタード入りなど。
ソーセージは、ポーク、ビーフ、羊、野菜、ハーブいろいろ、
ソースも、伝統的なグレイビーから、ワイン入りソースなどいろいろです。

b0209976_14271263.jpg

自分は、チーズ・マスタード入りのマッシュと、プレミアムポークソーセージに
トラディショナルなソースで。
ここでは、本当はギネスビールなのにな、と思いながら、下戸な自分は紅茶を。

マッシュポテトは、粒マスタードが効いていて、デンプンがもっちもっちで
とってもクリーミー。
ソーセージもプリプリでジューシーです。
そしてボリュームも・・・。

こちらで、確か£7.5(1.000円位)。数人で来て違うものを頼んで分けたい
感じです。サラダやビーンズ(恐怖の缶詰です)もエクストラでありました。
お持ち帰り(テイクアウェイ)だと、さらにお値段がお得です。

ソーセージ以外のパイ、ペイスティのメニューも美味しいです。

朝は、11:30迄、イングリッシュブレックファストもやっていました。
きっとソーセージが美味しいので、間違いないはずです☆


リバティ帰りについ食べたくなってしまう、癖になる美味しいお店です。
お店の店員さんもいつも感じが良いです。

   
                   ●MotherMash  26Gantonstreet,London
                                   W1F 7QZ
                                                                              

                        
[PR]



by piskey | 2011-07-31 14:46 | あまいもの/たべもの

イギリスのトピアリー

円形や四角、動物型など様々な形に刈り込まれた樹木のトピアリー。
もともとはヨーロッパで王侯貴族のお屋敷、庭園で装飾的要素が強い
植栽として取り入られ始めたものだそうです。

b0209976_14581370.jpg

                              ⇈ロンドンの花市場で

b0209976_14401991.jpg

              ⇈テムズ南側の「Iglo」。おしゃれなワインショップ&フローリスト
      
ツゲやイチイの木が主に使われています。
映画「シザーハンズ」でも、ジョニー・デップが、ハサミの手でいろんな形に
刈り込んでました。
あの世界が実際にイギリスの庭園でも、たくさん見かけられました。
この造形の面白さ、何か心惹かれてしまいます。

b0209976_14381876.jpg

              ⇈チェルシーのナーセリー。2.5m以上ある巨大キャンデラブラ型。
               価格も1本20万近くしました。セレブなお宅用。   


自分が見た中では、ロンドン郊外のハンプトンコート・パレスの広大な庭園、
リーズ城の植栽で作られた巨大迷路は興味深かったです。
やっぱりお金持ちのお庭は違います。

でも、普通のお宅や、公園でも。
b0209976_14585816.jpg

              ⇈コッツウォルズの村の個人宅。色んな形と色合いがすてきでした。

でも普通のお宅にしても、トピアリーは形を維持するメンテナンスが
大変です。
やっぱり裕福なお家でないと、管理が難しいのでは・・・。

以前、ケンジントンパレスの公園で、ガーデナーの植栽の刈込の真っ最中に
出くわしました。しっかり観察してしまいましたが、植栽の高さより高い
L字型のスケールを地面から立てて、脚立にのぼり、慎重に作業。
高さも3m位ある樹木だったので、やおいかんなぁ・・・という感じです。

イギリスで盆栽が流行るのも分かる気がします。
形を手を加えて作るという点では、和のトピアリーですよね。
個人的には、円柱型のネジネジや、ゾウ、犬などの動物型の
トピアリーが好みです。
[PR]



by piskey | 2011-06-09 14:53 | 英国くらし

The Royal Wedding*Wedding Bouquet

昨日のThe Royal Wedding。

ケイトさん、とてもキレイ。こぼれる笑顔がとても素敵でした。

シンプルながら上品なドレスが話題になっていましたが、ウェディングブーケも

控えめな美しさでした。

b0209976_15281175.jpg

                                                    ©AFP


デザインは英国のフラワーデザイナーのShane Connolly シェーン・コノリーさん。

昔から活躍されてあり、本も出版されている方です。

形は、ラウンドに近いティアドロップ型。小さいながらも、全てワイヤーを用いて束ねた

手の込んだワイヤリングのブーケです。


西洋の王室のウェディングでは、ドレスのボリュームに合わせて

下に流れる大ぶりなキャスケード型を持つ場合が多いので意外でした。

持ち手のハンドルの部分も、アールをもたせて長めに作ってあり、

持ちやすいようにとても配慮がされているように見て取れました。


花材もまた、香りがいい小さなかわいい花ばかり。

・lily-of-the-valley スズラン
・hyacinth ヒヤシンス
・Dianthus(sweet William) ナデシコ
・myrtle ギンバイカ

イギリスらしい花合わせだなあと思ったのと、王子の名前が入ったナデシコの

sweet williamを使っているのが微笑ましかったです。

ギンバイカを使用するのは、ビクトリア女王からの伝統だそうです。


以前は花の仕事をしていたので、どうしても目線はブーケに行ってしまいました。



身に着けたジュエリーからヴェールまで、全て楚々としたアイテムがチョイスしてあって、

ケイトさん本人の美しさが際立ってありました。


もうひとつ、ファッションで目を引いたのは、ゲストの方のヘンテコな

帽子たち。カミラ夫人の帽子もそうでしたが、ここでもPhilip Treacyの帽子は

活躍してたのでした・・・。

キテレツな帽子たちは⇊テレグラフ紙の特集でどうぞ。

http://fashion.telegraph.co.uk/galleries/TMG8484449/Royal-wedding-fashion-The-trends.html

ベッカムのハット姿はさすがキマッてましたね!
[PR]



by piskey | 2011-04-30 15:31 |

古典音楽のゆうべ

古典音楽といってもイギリスではなくインド。

以前より興味があった、インドの古典楽器の教室に見学へ。
中国の二胡、雅楽の笙やひちりき、インドのシタールなど
古代から伝わる楽器の音色に惹かれます。

LitiumFukuokaのオーナーさんのご紹介でご一緒に,
今泉にあるイタリア会館へ。
月に一度、東京から先生が来られて、
こちらの教室でレッスンがおこなわれているそうです。
インドなのにイタリア会館。ワクワク度は増すばかり。
b0209976_1442418.jpg

              ⇈奥のテーブルには踊るシヴァ神の像が・・・。

中に入ると、イタリア語が溢れるフロアのひと教室だけは
違う雰囲気。
生徒さんが各自、一生懸命弾いてらっしゃいます。

弦楽器の弦を指で弾くシタール、弦を弓で弾くイスラジ、
太鼓のタブラという三種類の楽器たち。

難しそうです。楽譜がまず違います・・・。
うーん、興味深いですが、これは一筋縄ではいかない感じ?
本腰入れてやんないとですね。でも、魅力的な音色たちです。

講師の中村先生は、インドの大学で音楽留学後、演奏活動やレッスンを
されながら、インドにもお住まいがあるとのこと。
同じく、ご興味のある方はこちらへ→http://homepage2.nifty.com/naada/
いつか習ってみたいです。
[PR]



by piskey | 2011-04-26 14:07 | 音楽・映画・本

piskey * ピスキーについて


ピスキーについて。


初めてイギリスを訪れた時、アンティークマーケットで目に留まった

真鋳の馬具飾りのひとつに。


とんがり耳に帽子を被り、華奢な細い体で体育座りをして、不気味に

わらっている小人?老人?悪魔?なものが。


お店のおじさんに、「これ悪魔なの?」と尋ねると、笑いながら

「違うよ、フェアリーだよ。可愛いだろ?」との事。

「え?どこがカワイイ?」


b0209976_17573581.jpg

                     ⇈こちらはデヴォン州のピクシー。脚を組んでいます。



それからもあちこちのアンティークマーケットで

この妖精のモチーフものを見かけることに気が付きました。


気になっていろいろ聞いたり調べてみると、イギリス南西部のコーンウォール地方で

言い伝えられている妖精の一つだとわかりました。


呼び方も、地域によってピクシー(pixy、pixie),ピスキー(pisky,piskey)

ピグシー(pigsy,pigsey)などいろいろです。


b0209976_17581528.jpg

                              ⇈ビックリするほどカワイくない!


コーニッシュ・ピスキーとも呼ばれる、イタズラ好きの妖精。

困っている人、正直な人には気付かれないように手助けをして、

嘘をついたりする人にはイタズラをして惑わせたりする言い伝えが

残されていました。


ちょっと不思議な姿でトリッキーな雰囲気。でも、人にそっと近づいて

こっそり手助けをして去っていく。


私の好きなキャラクターの一つとなりました。

きっと、自分のまわりにもピスキーはいて、こっそり様子を伺ってる、と。



b0209976_17584235.jpg

            ⇈いつか欲しいマーベルアットウェル画のポット。こちらはカワイイです。



大好きなイギリスのふるいもの、かわいいもの。

いつか自分のお店を開くなら、この名前をつけようと。


ピスキーの音のひびきと、次の扉を開く「KEY」が綴りに入っている

「PISKEY」に。
[PR]



by piskey | 2011-02-05 18:13 | はじめまして

十日恵比須神社 * 福いっぱい

以前からお参りしたいと思っていた、福岡市博多区の十日恵比寿神社へ。

恒例のお正月祭りで、商売繁盛、家内安全を願う人ですごい人出。

b0209976_5461850.jpg

                               ⇈先頭全く見えません・・・。
                             
お参りするのに数百メートルの大行列。

b0209976_547119.jpg

行列に並びながら、でみせを楽しみました。

えびすさまとだいこくさまを祀るこちらの神社、招福アイテム満載。

やはり熊手が人気です。

b0209976_5473735.jpg

                             ⇈30分弱でようやく鳥居が・・・。

運だめしの福引にも大行列。私は朱い特大うちわを狙いましたが・・・。

はずれのない福引。何を引き当てるか毎年楽しみにしている人が多いらしいです。

9日は恒例の徒歩詣(かちまいり)の日だったので、三味線や太鼓の賑やかな

おはやしの中、きれいな芸奴さんたちの行列も見ることができました。

b0209976_548155.jpg

                 ⇈黒い着物の色香漂うおねえさんたち。見切れています・・。



b0209976_5484274.jpg

              ⇈なつかしい椎の実。小学生の頃、香椎宮の裏で拾ってたな・・・。


こちらの正月大祭は、十日恵比寿神社で1月11日まで行われています。


だいこくさまは人とを結ぶ縁結びの神さまでもあるのですね。

この1年、いろんな人とすてきなご縁がありますように。
[PR]



by piskey | 2011-01-09 23:33 | 日々のこと

万年青 * お正月のいけばな

お祝いの場に活けるいけばな。

万年青と書き「おもと」。

濃い緑の葉が冬の寒さにも色を変えず、青々としていることから

名がついたそうです。

b0209976_13372462.jpg


自然の姿のように、立ち上る葉には新しい葉を用いて、

外に広がる低い葉には古い葉を使います。

b0209976_13374617.jpg



常緑と赤く結んだ実。

結婚祝いや新築祝いとして鉢物を贈ったりすることがあります。


みなさんの新しい一年のご繁栄を願って・・・。

秋から始めたブログですが、たくさんの方に来ていただいて

ありがとうございました。

どうぞみなさん、良いお年をお迎えくださいね。
[PR]



by piskey | 2010-12-30 13:40 |

ボケと呼ばないで * 今週のいけばな

好きな枝もの。
「木瓜」と書いてボケ。

バラ科の花木で枝には棘もありしなやか、花はふっくら
丸くてやわらか。
花色も淡い桃色からはっきりした紅色までさまざま。

b0209976_22381093.jpg


今週はボケとアイリスの二種生け。
花の紅色とアイリスの青が目に鮮やか。

b0209976_22385267.jpg


b0209976_2239408.jpg


池坊で、曲線をいかしたボケの一種生けは本当に美しい姿。

それなのに、「ボケ」という間の抜けた名称でかわいそうな
花木。この名前できっと損してると思われます。
[PR]



by piskey | 2010-12-18 22:44 |

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧