英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

タグ:リバティ ( 38 ) タグの人気記事




リバティでピンクッションその2/ハンドメイド

以前作った座布団のようなピンクッション・・・。

針を抜く時に、ピンクッション本体ごと持ちあがったりするので、やっぱり重しがあるタイプが

使いやすいということに。

材料はガラス瓶で。

b0209976_13281811.jpg


リバティ生地は蓋部分の約2.5倍の直径で切ってみました。

端を折り込みながらぐし縫いして、綿を詰めて蓋をはめ込んで絞って

強力接着剤で固定して出来上がり。

b0209976_13313522.jpg

リボンをして完成です。
手持ちのリボンを使ったのでちょっと大きすぎ・・・!?

b0209976_13315133.jpg

瓶の中はヴィンテージボタンを。

b0209976_13354716.jpg


↓こちらはボンヌママンのミニジャムの瓶でミニピンクッション。お店での作業用に使っています。
b0209976_13323541.jpg



小さくてもガラスの重みでどっしりしているので実用的です。
[PR]



by piskey | 2012-03-18 22:52 | リバティ/てづくり

リバティでピンクッション/ハンドメイド


待針を追加で購入したら、使っているピンクッションに収まらなくなったので、

ちょこっと大きめのを制作。

ブルー系のリバティとリネンで。



ノープランで作ったら、オザブのようになってしまったので、

中心にアンティークのレザーボタンを縫い留めて、刺繍糸で

ふちどりを。本当は、周囲をミシンでステッチ掛けるつもりでしたが、綿入れた後で

ミシン掛けるのは不可能でした・・・(汗)。ノープランのなせる業ですが、

自分用のものは、適当に遊びながら作れるので楽しいです♪


b0209976_1910441.jpg
b0209976_19103229.jpg


おぉ、ブランケットステッチをしたのは何年振りかなぁ。

刺繍を初めてしたのは、小学生の高学年だったと覚えてますが、

狂ったようにいろんなステッチを練習してました(笑)。

ノットステッチやチェーンステッチ、アウトラインステッチ・・・・。


久しぶり過ぎたので、縫いはじめと縫い終わりのやり方が記憶から欠落・・・。

刺繍やっぱり楽しいので、いつか再開したいな☆
[PR]



by piskey | 2012-02-17 19:16 | リバティ/てづくり

くるみボタンでパッチン/リバティ

今週は制作を頑張らないと!ウィークなのですが、裁断する手がすすみません。
ハサミが冷たくて手が冷えるから!という子供じみた言い訳をしつつ、
現実からちまちま作業に逃避です。


新しくぷっくりデザインのくるみボタン。ライトの下なので、色が飛んでますが・・・。
b0209976_20345396.jpg


                      ↓
b0209976_20352866.jpg


パッチン留め!?バッチン留め!?カッチン留め!?
髪留めです。

オトナの女性でも、年齢関係なく似合う方には似合います。
自分は残念ながら、イタい人に見られるであろう感じ(=_=)。

ガーリーが似合う方はかわいいだろうなー。
もちろんかわいいお子さんにも。

こちらは昨年ですが、リクエストいただいて作った時のブルー柄いろいろ。
b0209976_20375481.jpg


やっぱり個人的にリバティはブルー系とクラッシック柄が好きです。
一般的に人気はイマ一つなのが寂しいですが・・・。
[PR]



by piskey | 2012-02-15 20:39 | リバティ/てづくり

リバティプリントの瞳のネコ*ハンドメイド


新年から年末にさかのぼりますが、昨年最後のハンドメイドはこのコ。


タオル地のネコです。

ネコ大好きな友人Kちゃんの出産祝いです。

ハンドメイドのプレゼントは、時として迷惑になるので相手を選びますが、

Kちゃんは、逆に市販のものだけだと逆に怒られるのので、気合を入れて

大掃除そっちのけで頑張って作りました☆


赤ちゃんもさわれるように、生地はオーガニックコットンのタオルを購入。


型紙も何度かくねくねネコを描いては消し、描いては消し・・・。

シルエットは実際縫ってみると変わるので、修正できるように気持ち大きめに。

人形やぬいぐるみで一番考えるのは表情・・・。

ネコってあまり作った事無いことに気が付きました。

b0209976_192043.jpg

リバティのyoshie柄で、ネコ目。右目にはウサギ、左目にはクローバーの柄が

入るようにしました。ラッキーモチーフですからね。

ビーズもちょこっと。ヒゲもも遊べるように、片方は留めませんでした。
b0209976_19202097.jpg

思いの他、均一に綿を詰めるのが難しく、なんか腹筋が割れてる・・・

マッチョネコです。

リバティの中でもPOP柄のマフラーを巻いて。


やさしく赤ちゃんを見守ってね☆
[PR]



by piskey | 2012-01-06 19:27 | リバティ/てづくり

リバティの本*THE LIBERTY BOOK OF HOME SEWING

Amazonで予約時期からポチッとしそうだった、リバティのソーイングブック。

ここ最近たくさんのムック本やリバティの本が本屋さんに並んでいますが、

こちらの「THE LIBERTY BOOK OF HOME SEWING」、使われている写真、

装丁がとても美しい~☆

b0209976_18314695.jpg

表紙にウィルトシャー柄が使われているのもポチッとの要素です・・・。
b0209976_1832069.jpg


b0209976_18321798.jpg

ふんだんにリバティプリントが全面に。
開くのがとても楽しいです♪
b0209976_18323619.jpg

150Pのオールカラーのボリュームで、作り方は大ざっぱにのっています(笑)。
b0209976_1832473.jpg

エコバッグから、クッション、コサージ、エプロン、などなど25種。
作り方の解説は、あらかた絵です!
ユニークだったのは、孔雀の羽根柄のCaesarをアップリケにした、
孔雀型のピンクッション。
同色柄を持っているので、作ってみたいな。でもサイズが巨大そう・・・。

b0209976_18325699.jpg

なぜか、なんちゃっての着物も。
モデルさんの登場は少ないですが、東洋系のモデルさんです。
b0209976_1833473.jpg

↑イギリス伝統のヘキサゴンパッチワーク。

まだパラりとしか読めてませんが、ページを開くたびにワクワクできる本です。
作るかどうかは別として(笑)、写真がきれいなので楽しめます。

b0209976_18331551.jpg

↑ウィルトシャーのこの販売されてないカラー!たまりません。

巻末に使用した柄の一覧もついています。
こちらの内容で、2.000yen弱だったので、よいお買いものだと
思われます(思いたい・・・)☆
[PR]



by piskey | 2011-11-20 18:51 | リバティ/てづくり

リバティプリント/ウィルトシャー*手帳のリメイク

毎年手帳選びには、なかなかの時間がかかってしまいます。

使いやすさと、気に入ったデザインが一致するものって、なかなか難しい。
機能的な手帳って、重いものが多いような気が。
結局重くて持ち歩かないと、意味がないのですよね。

ほぼ日手帳も友人がプレゼントしてくれたことがきっかけで、2年使いました。
たっぷり書けるし、毎日のページにクスリと笑えることが書いてあって、
開くのも書くのも楽しい手帳です。でも、もうちょっと、薄くて軽かったらなあ・・・。

モレスキンも今年は推しの手帳のようですが、自分には「う~む。」でした。

ということで、今年は11月始まりの中身重視で決めたので、外側は普通の薄手の手帳。
なので、リバティのお気に入りのウィルトシャー柄にして、一年使うことに。
b0209976_13512619.jpg

リメイクといっても、くるむだけなので簡単です♪
まず、布地の地直しをしっかりしておきます。
リバティプリントは目が詰まっているので、まっすぐ裁てば、
端を切りっぱなしにしていても、ほつれること少ないです。

横糸を目打ちで1本すくって(すごく細いですが)、1本だけ引き抜くと、
まっすぐのラインがわかります。

透明のカバーがついていたので、こちらを型紙にして採寸。
内側に折り返すので横サイズは、10cmほど長めにカット。
布地の端の糸をきれいにしておきます。

手帳の四隅に両面テープを貼って、まっすぐきっちり布地を貼り付けます。
内側に折り込む部分を返して、ここも両面テープでs。

カバーかけて出来上がりです。
ちょっとしっかりさせたい時は、接着芯を布地にしっかり貼って、使っても良いかも。

b0209976_1433467.jpg


これから、さらにボタンつけたり、旅の思い出の切符や、切手で
コラージュしたりしようかな~と構想中です。
[PR]



by piskey | 2011-10-21 14:20 | リバティ/てづくり

イギリスの手芸の本*「cute and easy Quilting and Stitching」

年々手芸コーナーが充実しているように思う
LIBERTY LONDONのサードフロア(実際は4階です)。
リバティプリント以外にも、毛糸やボタン、リボンに手芸道具など
欲しくなってしまうものがたくさんです。

手芸関係の本も置いてありましたが、重いので1冊だけ。
中を見て、使用されている柄の色合いと、デザインに惹かれました。
「cute and easy Quilting and Stitching」。
著者は、フレンチ系のお名前のようですが、リバティ、デザイナーズギルド
でも活躍するデザイナーさんのようです。

b0209976_18501595.jpg

イギリスらしいティコージーの表紙に、
b0209976_18502793.jpg

ふくろうの形のエッグコージー☆
ほんとにゆでたまごに使うの?と、疑問は残りますが、カワイイからよしとします。

b0209976_18504069.jpg

愛犬用のコートも。犬が美しい!
b0209976_18505123.jpg

ユニコーンのアップリケのクッション。
ユニコーンがでてくるところが英国らしいです。

他にも、ポーチやバッグ、カップケーキのピンクッションなど
かわいいアイテムが多数です。
作り方の説明に至っては、ざっくり・・・しています。

b0209976_1851182.jpg

巻末に一応型紙がついてますが、アップリケの細かいビーズの配置や、刺繍は
写真を見て作らなければならないようです・・・。

日本の手芸やクラフト本がいかに親切設計で作られているかわかるし、
欧米でも人気があるのがわかります・・・。


b0209976_192775.jpg

                                 ⇈£12.99(1.800円くらいでした)
ちなみに、Amazonでも、絶賛販売中です(笑)。
しかも送料無料で、Amazonの方がお買い得です・・・(+_+)。
[PR]



by piskey | 2011-10-05 19:06 | 音楽・映画・本

リバティでハンドメイド*デジカメケース

デジカメのケース、サイズが合っていない前のカメラのケースを
使っていたので、作ってみます~。

リバティ柄の中から、ビビッドな赤系のWiltshire/ウィルトシャーと
ピンクのPepper/ペッパーの端切れ、リネン、キルト芯で。
b0209976_1773589.jpg



サイズが合っていないと意味なしので、カメラをきっちり採寸。
測ってみて、マチと縫い代分を足してだいたいのサイズを決めたら、
紙で試作してみます。
ホチキスで留めて形を作って、カメラが入るか確認(これでやりかぶると悲しい。)。

b0209976_1725044.jpg

ここで紙を切ったり、微調整しながら、型紙を作ります。
(といってもただの長方形です・・・。)

生地を裁断したら、あとは縫うだけです。
以前、デジカメケース作った時に、リバティ柄を見せたくて、
リネン地を内布で作ったら、リネンの繊維がカメラの細かい部分に入って、
大変なことに・・・(汗)。
今回は学習して、内布にリバティを使います~。


自分のフリルブームがまだ続いているので、こういうデザインに・・・。
くるみボタンも合わせて。キルト芯でふんわり。
b0209976_17211279.jpg


サイズがきっちり合うと、気持ちいい~☆

しかし、この製作中、フリルに集中してたら、台所からカタカタと音が。
気にせずミシン掛けていて「ハッ!!!」
お湯を沸かしてたのです・・・。ホーローやかんがっ!
人生2回目の空焚き状態です。気を付けます・・・。チーン。

b0209976_17213271.jpg



今日、ブログを見て下さった方から別の記事についての
お問合せいただきました。
ありがとうございます<(_ _)>。
ファスナー取り付けとガマグチ付けの修行を重ねます。
しばらくお待ちいただけると嬉しいです。
[PR]



by piskey | 2011-08-20 17:38 | リバティ/てづくり

2011英国初夏の旅/DAY 2*LIBERTY

●PM 24/June /2011 

午後からはさっそくLIBERTY/リバティへ。

既にあちこちで夏のセールが始まっていて、LONDONの目抜き通りのOxford Street,
Regent Streetはスゴイ人手です。
Wimbledonも行われているし、ベストシーズンなのでヨーロッパ中からの
観光客で賑わっています。

b0209976_19334445.jpg

LIBERTYもこの部分のみを残して、全面外構工事中で足場だらけでした。
入口のお花屋さん、いつも素敵です。
鉢物もたくさん。トケイソウがきれい。
b0209976_1937983.jpg


b0209976_19442829.jpg

1~3階のバッグやアクセ、いろんなブランドの洋服もセール中!
が、見ないようにして、布もののフロアへ。
b0209976_194512.jpg

雑然とリバティプリントが満載です。
テンションが一気に⇈です。
とりあえずこの日は下見なので、欲しい生地をチェックしておきます。
b0209976_19454273.jpg

ボタンやリボンなどの手芸用品全般、オシャレなパッケージの
かわいいものがたくさん。うーん☆

一番上の階には、アンティークやヴィンテージの家具や雑貨が。
LIBERTYセレクトはやはり素敵な品揃えです。
b0209976_19472720.jpg

b0209976_1948065.jpg


お値段も手頃なものから、ゼロがいくつ?というものまで幅広い
品揃えです。
そのお手頃の中で、ガラスのヴィンテージのコンポート皿を発見。
お買い上げしてしまいました。
カウンターのお兄さんは、ラッピングは苦手なよう。
すっかり私はカウンターのイスに着座して休憩できました。

ここでV&A博物館で今回行きたいと思っていた「The Aesthetic Movement
/1860-1900」(耽美主義)の特別展の割引付きリーフレットを発見。
どうしてここに?と思っていたら、LIBERTYが特別協賛していたのでした。
これはどうしても行かねば!です。

お兄さんは厳重にプチプチも使って梱包してくれました。
その間にも、どのリバティ柄を何種持ち帰るかで頭はいっぱいなのでした。


b0209976_2001925.jpg

                           ⇈色と形がツボのカウチ、欲しい!
[PR]



by piskey | 2011-07-10 20:02 | 英国旅日記

リバティでサニタリーバッグ

YOSHIE柄と、ハーフリネン地でサイズもマチも大き目の袋もの。

懲りずにツバメモチーフで。

b0209976_165258.jpg


ちょっと肩が筋肉質のツバメです・・・。自分で書く型紙に問題あり・・・。

フクロウ柄がこっそりツバメの中に入るよう切り取り、

ピンクの糸でステッチ。
b0209976_1674888.jpg


マチは、中に折り込んで作る三角マチ。名称なんていうのかな。

こちらも三角部分にステッチ。


絞ると・・・。
b0209976_1682481.jpg


大は小を兼ねるということで、40㎝×45㎝の大きめサイズです。


こちらの柄を気に入ってた様子の、Nちゃんへの贈り物です。

Happy Birthday!!
[PR]



by piskey | 2011-06-14 16:15 | リバティ/てづくり

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧