英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

タグ:おでかけ ( 184 ) タグの人気記事




アンティーキング@ベイサイドマーケット2014



朝一で、博多埠頭へ。

b0209976_1649999.jpg


朝の港は清々しさに溢れています。




b0209976_1649930.jpg

マリンメッセの脇、初めて訪れました。綺麗に整備されていて、釣り人もちらほら。

☟レトロなトロッコ。Alice In Baysideworldの 文字が。

b0209976_16491079.jpg


目的はこちら、アンティークのイベント、アンティーキングです。


b0209976_16491112.jpg


入口で早くもかわいいカップたち。


b0209976_16491250.jpg

忘れな草のようなカップに魅かれたのですが、日本製。輸出用だったのかもですね。

b0209976_16491313.jpg


ファイヤーキングも所狭しと。


b0209976_16491477.jpg


アメリカンヴィンテージ、フランスブロカント、植物や家具、洋服、建材までいっぱい…。

b0209976_16491533.jpg

b0209976_16491564.jpg




ドーン!と、港の空間を利用したディスプレイ。

b0209976_16491627.jpg



関東や関西から遠征のお店も多いようです☆
すごい物量、どうやって来られたのでしょうか…。

b0209976_16491734.jpg

b0209976_1649184.jpg

素敵なカップルも。

フランス、ドイツの軍用のジャケットや、気になるヴィンテージの衣類もたくさん。

お知り合いの方ともお会いできました:-)。


バタバタ40分位の滞在で、後ろ髪を引かれながら、次の場所へ…。


b0209976_16491992.jpg
ゆっくりまたお邪魔したいです。







[PR]



by piskey | 2014-10-26 20:33 | 日々のこと

護国神社蚤の市 2014年 9月

b0209976_18473426.jpg
朝イチとまではいきませんでしたが、早めに家を出て、ダッシュで護国神社蚤の市へ。

前日から降り続いた雨も、朝方には上がっていて、ひと安心。

設営で、主催者のみなさま前夜から、大変だったかと思います。お天気回復して本当に良かった。
b0209976_18473514.jpg
50分位しか時間がなく、急ぎ足。
それでも、いろんなものが目に飛び込んで来ます。

ピンバッジ天国☆
b0209976_18473772.jpg
メダカ天国☆

b0209976_1847387.jpg
ボータンさんのグリーン天国☆
b0209976_1847396.jpg
昭和のボタン天国。

b0209976_18473949.jpg
昭和のガラス天国☆
b0209976_18474065.jpg
↑上段、左から二つ目のガラス、とっても素敵で、時間ないのに張り付いてしまいました。
戦前のものだそう。画像ではわかりにくいですが、小さくて持ち手の丸みがたまらん、感じです。

b0209976_18474283.jpg
いつも素敵な本部のテント前。

b0209976_1847424.jpg

b0209976_1847436.jpg
くくりつけられた赤ちゃん・・・。
b0209976_18474422.jpg


皮革天国☆



他のイベントでよくご一緒になる、みなさんも出店されていたので、ちょこちょこ御挨拶したりしていたら、あっという間にタイムアップ・・・。

個人的にに欲しいと思った、イギリスのシェリーのカップもありました。


素敵なグラスのお店で、ストライプのパリッとした、コットン生地を見付けました☆
倉敷の製造だそうです。ブラウンのラインも入っています。
b0209976_1847454.jpg

蚤の市では珍しく、メーターで計って下さったので、2Mいただきました☆
切ってもらっていると、側のご婦人が、「あら、何作られるの?パンツ?」と。
「エプロンを作ろうかなと思って~。思ってるだけですけど、ハハハ」と私。
「エプロンだったら、1Mで足りる?」
「十分作れると思いますよ~」と私。(うん、小柄な方は、80㎝でも大丈夫。)と心の中で。
知らない方ともこういう会話が出来る、楽しい蚤の市。

短い時間でしたが、たくさんの方にも会えて、満喫出来ました。

明日は、売り子側として頑張ろうー。


明日は、参道中央辺りに、イギリスのものを連れて行きます。見かけたらぜひお声掛けてくださいね。




●護国神社蚤の市 HP http://g-nominoichi.petit.cc/
9/20・21 9:00-15:00




[PR]



by piskey | 2014-09-20 19:16 | 日々のこと

麹ナチュレさん@警固

b0209976_18573558.jpg

久しぶりにSさんとお食事。

ずっと気になっていた警固の串揚げ屋さん、麹ナチュレさんへ。
b0209976_18573642.jpg


ノンアルコールのスパークリングワインで乾杯☆

串揚げ屋さんでも、普通の専門店とは違って、とてもインテリアもとても綺麗です。
カウンターよりもテーブル席が多いのでゆっくり出来ます。

串揚げ以外の野菜を使ったメニューも豊富です。

まずはごぼうと甘酒の冷たいスープです。おいしそうに撮れてませんが・・・。
b0209976_1992642.jpg

滋養と風味たっぷり♪

糸島野菜のバーニャカウダ。
b0209976_18573798.jpg

氷に綺麗なディスプレイのよう。ソースは肉みそ風味。
b0209976_18573880.jpg


b0209976_18573950.jpg


ほとんどのお料理を麹で下処理をされているそう。
麹も大分の麹屋本店のものを使用しているそうです。

麹が流行り出した頃に開店されてらっしゃるので、オーナーさんは先見の明がおありなんですね。

b0209976_18573980.jpg

ギンナンにアスパラ。
塩麹に漬かったギンナンがほくほく、栗のような食感。

串揚げは、塩2種(一つはイギリスの塩でした。恐らくあの塩・・・)、オリジナルのタルタルソース(クリーミー)、
とオリジナルのウスターソース。

ひとつひとつ、これはあのソースで!とか言われないので、私的には助かりました。
(何味で食べてくださいと言われても、忘れてしまう・・・ので)
b0209976_18574017.jpg

エビのアオサ海苔添え。プリンプリンのエビでした。
b0209976_18574143.jpg

ごぼうを煮たのや、↓めんたいレンコンも。
b0209976_1857412.jpg


衣もサクサク、油もさらっとしていて、ペロリといただきました。
お料理もゆっくり出してくださるので、串がお皿にたまることなく、ゆっくり熱々をいただけました。

全串、制覇せねばです~。
Sさんともいろいろお話出来て良かった。また美味しいお店に行きましょう☆

ごちそうさまでした☆


●麹ナチュレ
福岡県福岡市中央区警固2丁目13−7 オークビル2 1F
092-722-0222



[PR]



by piskey | 2014-09-12 18:50 | 福岡のお店

2014年8月*筥崎宮蚤の市

日曜日の筥崎宮蚤の市。
台風は福岡をかすめるようだったので、大丈夫かなと思っていたら…。

b0209976_198371.jpg


結構な風に、
小雨もひとしきり。
風で陶器が倒されて、落下。
木っ端みじんになったりで、かなり心折れそうな一日でした。
b0209976_198417.jpg

b0209976_198533.jpg

こけしも泣いています。


でも、お客さまや周りの方々に、随分励まされました…。

雨の日でも、小道具いろいろ。

b0209976_198662.jpg


お隣では、こけしの値段交渉中。
オーストラリアからの買い付けだそう。


b0209976_198899.jpg


イギリスのアンティークフェアでも、ちらほら見かけるこけし。
世界で、じわっとブームでしょうか。

b0209976_198922.jpg

お向かいさんの、可愛いアイテムたち。

b0209976_1981094.jpg

ピンポンパンのお皿〜♪に、カラフルな大きなカゴたち。

b0209976_1981148.jpg




帰りはドロドロの姿でしたが、久しぶりにこぐまや洋菓子店さんへ。
b0209976_1981298.jpg


肝心の店内のお菓子画像を取り忘れ…。
b0209976_1981368.jpg


b0209976_198133.jpg


今年の夏は個人的にゼリー作りがブームなのですが、やはりプロのゼリーは一味違います☆

b0209976_1981442.jpg


りんごのミルリトン、レモンケーキをいただきました。

蚤の市後の癒しでした。



筥崎宮蚤の市は、来月9月はお休みです。
年内は、10/12(日)、11/9(日)、12/14(日)と続きます☆







[PR]



by piskey | 2014-08-12 18:20 | 日々のこと

カフェ ブラジレイロ@福岡市店屋町

待ち合わせは、店屋町。
b0209976_2343815.jpg

老舗喫茶のブラジレイロさん。
b0209976_2344033.jpg

店内は自家焙煎の香しいかおり。
二階席へ。そう、急勾配の階段、久しぶりです。
b0209976_2344213.jpg




ランチメニュー。

どれにしようか迷いますが、
b0209976_2344134.jpg

hさんは即答!
やはりこちらを☆
b0209976_2344373.jpg

フォトジェニックの造形美。
ビーフカツレツです。
b0209976_2344418.jpg

とんがりシェイプはどうやって成形してるのでしょうか。

b0209976_234457.jpg

外はさっくり。
中はジューシーです。

付け合わせの野菜も、抜かりなし。
b0209976_2344613.jpg


昭和一桁の創業だそう。
店内もお昼過ぎるといっぱいに。

丁寧なサービスのウェイターさんたち。

久しぶりのhさんとのランチ、お喋りし過ぎ…。

b0209976_2344714.jpg

川端商店街には、仙台の七夕祭りがやって来ていました☆。

b0209976_23449100.jpg

リバレインも、アンパンマンミュージアムが出来て様変わり。
b0209976_2345061.jpg



ごちそうさまでした☆
次回は甘いメニューもいただきたいなぁ。



●ブラジレイロ
福岡県福岡市博多区店屋町1-20
092-271-0021
定休日:日曜日・祭日、年末年始
OPEN 10:00~20:30
10:00~19:00(土曜日)
[PR]



by piskey | 2014-08-07 22:35 | 福岡のお店

ウェッジウッドミュージアム ストーク・オン・トレント/英国旅Early summer 2014 ⑧

b0209976_19125762.jpg

ストーク・オン・トレント駅からタクシーで、The Wedgwood Vistor Centre & Museumへ。
↑銅像は、ジョサイヤ・ウェッジウッドさんの後姿。

せっかくここまで来たのだから、こちらはやはり訪ねてみないとと。
ぶっ飛ばす、インド系のタクシーのお兄ちゃん。

b0209976_1913154.jpg

地図で見るよりずいぶん走ります。
本当に連れて行ってもらえてるのかと若干不安になりながら。

b0209976_191332100.jpg

敷地に入ってからも遠い~。川も流れる広大な敷地をお持ちのよう。
あちこち造成、工事をしています。
来年2015年に新たな施設がOPENするようです。

15分ほどで到着。
帰りも迎えに来てね~、と。裏手の駐車場から。


b0209976_19141571.jpg


b0209976_19142949.jpg


中は写真NG。
わざわざ来る価値が十分にある博物館でした。

今まで、画像でしか見た事がなかった、1760年代に苦心の末作られた、クリームウエアの美しさにすっかり心を奪われました。
当時の人たちもきっと同じようにトリコになったのがよく分かります。

ジョサイヤ氏の探究心、執着心たるや、を感じさせる試作の展示の数々。
アーティストでもあり、経営者としても類まれな才覚を持っていた創業者。爪の垢をせんじて飲みたい。

時系列の作品の展示で、イギリス文化の流行や変遷、それに伴った作品の移り変わりまで、その時代のデザイナーの紹介など、たっぷりな内容でした。ジャスパーの完成にいたるまでも。


個人的にウェッジウッド大好き!というわけではなく、当時のデザイナーによって好きなものがあるのですが、
それは1950年代の展示の中にありました。以前買い付けたものが。こういうのは嬉しいです。

2時間半ほど、たっぷり堪能しました。
ビジターセンター、工場見学も出来ます。時間があれば、参加したかったです。


ファクトリーショップも併設。
b0209976_19281531.jpg

b0209976_14523990.jpg

シンプルな器は、£1からありました。
b0209976_14525665.jpg
b0209976_14531836.jpg

ウェッジウッドの他、グループブランドの、ウォーターフォードクリスタル、ロイヤルアルバート、
ロイヤルドルトンのアウトレットも。
b0209976_14534267.jpg

b0209976_1454392.jpg

ご成婚記念のフィギュア、王子だけが山積みという、物哀しさ。
ヘアはもっと盛ってあげてください・・・。


広いレストランも有り、三段のアフタヌーンティも出来るメニューでしたが、時間が無く、遅いランチを兼ねて、soup of the day。食器はもちろんウェッジウッド。

b0209976_14564153.jpg

パンも自家製でした☆
b0209976_1532113.jpg

↑HPよりお借りしました。
カフェテリア形式のカジュアルなレストランでしたが、器はやはり贅沢です。

ワークショップも定期的に開かれていて、時間が許せば、丸一日過ごせそうな施設でした。

来年、大規模なリニューアルの予定らしいので、陶磁器がお好きな方は時間の余裕を持たれてぜひ★


http://www.wedgwoodmuseum.org.uk/home
The Wedgwood Museum
Barlaston, Stoke-on-Trent ST12 9ER
OPEN:Monday ~Friday 10.00am to 5.00pm
Saturday and Sunday 10.00am to 4.00pm
(closed 24 December to 1 January)
[PR]



by piskey | 2014-07-29 15:59 | 英国旅日記

ストーク・オン・トレント/ 英国旅/Early summer 2014 ③

次に向かうは、アンティークモール。

b0209976_20142590.jpg

収穫は無しでしたが、お店の人から「明日のオークション参加するの?」とのこと。
ビルの奥で、内見会をしているのとの事で、見せてもらいました。

陶器の町だな~と思うほどの凄い陶器類。綺麗な陶器のお人形やビアジャグもたくさん。
b0209976_20142459.jpg

その中に自分の大好きなShelleyのお宝がっ。

明日は予定があるので、残念。目の保養のみ。
いったいいくらで落札されたのでしょうか。
こういうオークションもいつか参加してみたいと思ったのでした。

b0209976_20142317.jpg


一軒、近かったのでロイヤルスタッフォード社のアウトレットへ。
白いシンプルなティーセットなどは£1からありました。
こちらでも見るだけで、ごめんなさい。


今回初めて、ストークオントレントを日程に組んだのは、英国の陶器のお勉強を兼ねて。
b0209976_2042930.jpg

ハンリーにある、「The Potteries Museum & Art Gallery」
b0209976_206236.jpg

b0209976_204484.jpg

常設展は何か雑然していて見づらかったですが、
b0209976_20142625.jpg

Shelleyのお宝も☆
今まで買い付けた事があるデザインもありました☆こういうのは嬉しいです。
b0209976_20142751.jpg

ブルーアイリス↓
b0209976_20142872.jpg


タイミング良く、企画展「Ceramic Empire」が始まったばかりで、こちらは興味深い展示の数々でした。
b0209976_20142963.jpg

1800年代、アメリカや世界への輸出、パリ万博、ロンドン万博とともに、この地の陶器生産が
著しく拡大、発展していく様子が良くわかる内容。

プルーウィローなどの、ブルー&ホワイトの柄も当時の文化の流行が反映されていたり。

帰りはミュージアムショップで少し物色。日本のこけしが何故かおいてある不思議・・・。

b0209976_2055161.jpg


こちらは、ハンリー中心にあります。


●The Potteries Museum & Art Gallery
Bethesda Street,
City Centre,Stoke-on-Trent,Staffordshire,
ST1 3DW
OPEN:Mon - Sat 10:00 to 17:00 | Sun 11:00 to 16:00
[PR]



by piskey | 2014-07-05 20:46 | 英国旅日記

大所@福岡市中央区今泉

Sさんのお誘いで、Rちゃんと3人という初めての顔合わせ♪
Sさん、お誘いありがとう。

b0209976_67562.jpg

今泉の創作和食のお店、だいどころ、「大所」さん。
b0209976_67780.jpg

先が見えないアプローチわわくわくします♪

b0209976_67849.jpg

シックな店内。奥に、テーブル席が2席。
胡蝶蘭がいっぱいで、お聞きしたら先月OPENされたばかりだそうです。
オーナーは大さん。なるほど、大さんの所で、台所をかけて、「大所」。

b0209976_6789.jpg


今日の料理はSさんがコースにしてくれていました。わくわく。

私はノンアルコールでカンパーイ。

トマトと未来コーンの冷たいスープ。中には生湯葉。
b0209976_67961.jpg

酸味とコーンの甘味。

おしゃべりしてると、
産地名と料理名はたいてい覚えきれないので、ごめんなさい。

b0209976_671074.jpg

煮物のお膳。薄味で好みの味でした。
b0209976_671112.jpg

b0209976_671221.jpg

ながーーーーい小石原焼にアジサイや葉物で彩られた、お造り。
鯛は塩昆布で。おもしろい。

脂ののった鯛のハラスの炙りが一番でした。

b0209976_17562623.jpg

日本人で良かった~と感じるひととき。

生のわさびをすりおろしていただきました☆贅沢。

b0209976_18192070.jpg

アマダイの天ぷら。自家製の肉味噌ソースか塩で。

b0209976_17562729.jpg

未来コーン、島ラッキョウ、大好きな万願寺とうがらしも。


b0209976_17562868.jpg

ながーーーーーい木製のメニュー。

イカの燻製が入ったサラダ。ピンクペッパーがアクセントに。
b0209976_17562986.jpg

一番下にこっそり完熟のすももが。

メインのしゃぶしゃぶは、穴子。
b0209976_175630100.jpg

メインなのに、美味しそうに撮れず…。
きのこ、水菜と。しゃぶしゃぶ。


締めに、終わったお鍋で雑炊が。
b0209976_17563151.jpg

穴子、きのこのお出汁たっぷり。

b0209976_17563259.jpg


デザートは能古島の夏みかんの自家製アイスでした☆。
b0209976_17563315.jpg


幸せ。
気の置けない友人と囲むお料理はますます美味しく感じます☆

素敵なお店を教えてもらいました。Sさん、ありがとう~~~♪ごちそうさまでした。



●大所 DAIDOKORO
福岡市中央区今泉2-3-38 ピュア天神1F
092-724-9600
18:00~
定休/日曜日





-
[PR]



by piskey | 2014-07-04 23:05 | 福岡のお店

2014年5月*筥崎宮蚤の市

先月の雨降りの蚤の市とは打って変わって、晴天!!
b0209976_180455.jpg


気持ちの良い蚤の市日和となりました☆
b0209976_1805100.jpg

朝一では、同業者さんの買い付けもちらほらです。
私も負けずに物色・・・すると、つい自分のものが欲しくなってしまいます。
毎回物欲との闘いの蚤の市です。

b0209976_18069.jpg


ご近所さまの素敵なアイテムを撮影させていただきました。
といっても、半径5メートル位です。


b0209976_180717.jpg


右お隣は、和陶器のお母さんなのですが、今回この中にある、↑萩焼の湯呑をついつい。
萩焼の急須をずっと使っているので、お揃いでいいかな~と・・・。ふふふ。

箱崎でカッパ発見!
b0209976_180844.jpg

ミッキーのこの電話、小さい頃に、お友達のお家で見たような。
b0209976_180952.jpg

こけしのお隣の2体が気になり・・・。どこのお国のでしょうか。日本!?

b0209976_1801060.jpg


b0209976_1801169.jpg

大量の未使用の絵の具が、段ボール2箱にギッシリ!絵を描けなくても、欲しくなる・・・。

b0209976_1801257.jpg


いっちゃってた大爆発のジェニー・・・。

b0209976_1801384.jpg



今回もいろんな出会いがあったのですが、一番驚いたのは、20年近く前に住んでいた家の
お隣りのお姉さんと再会した事でした!
実は先月もお姿をお見かけしていたのですが、自身がなく声を掛けそびれ、今回思い切って声を掛けてみたら、やっぱり!!
お変わりなく、嬉しかったです。

ずっと地元だと、本当に驚く再会が箱崎ではあったりします。ドキドキ。

b0209976_1801467.jpg

懐かしのアルマイトのお弁当箱もいろいろ。
b0209976_1801710.jpg



b0209976_1801670.jpg

毎回こんなお天気だと良いのですが。

さてさて、いろんなものと人との出会いがある、筥崎宮蚤の市、次回は6/15、7/13と続きます☆


お会いできたみなさま、ありがとうございました☆
[PR]



by piskey | 2014-05-13 17:58 | 日々のこと

Cafe MARUGO/カフェマルゴさん@福岡市薬院

朝の会合。
場所は、カフェマルゴさんです。
b0209976_15185129.jpg

福岡の薬院、逓信病院にも近い、洋食のニュースマイルさんのお向かいです。

以前、ブレンドの珈琲豆をいただいた事があったのですが、お店にはなかなかお邪魔出来ず、
ようやく・・・。

b0209976_15185218.jpg


マルゴさん、自家焙煎の珈琲の評判もお伺いしていましたが、ケーキやスイーツも美味しいとの噂。

ご近所で開催中の、まち歩き、店歩きの「第11回警固・赤坂・桜坂スタンプらりぃ」。
マルゴさんも参加されていて、期間中の特別メニューがこちら・・・。

b0209976_15185682.jpg

お皿いっぱいに広がる、どーん!の「オニモリフレンチトースト」です。
b0209976_1518531.jpg

バゲットに吸われた卵液がカリふわ~。

熱々のトーストに、冷たい濃厚なアイスクリームの組合せです☆

b0209976_15185352.jpg


珈琲は深煎りのマルゴブレンドに。苦み走ったコクのある珈琲です。
b0209976_15185434.jpg

Nさんは中煎りのエクストラブレンド。
b0209976_1552524.jpg

あ、一口飲んだら
b0209976_15525265.jpg

↑Nさんの手がぱっと開いていました~!

b0209976_15185538.jpg

そして、濃厚アイスがとろけます〜。

帰る際、フレンチトーストの材料をこっそり伺いました。なるほど、大人のフレンチトーストです☆

珈琲とオニモリとお喋りに夢中で、店内の画像はございませんが、とても落ち着く雰囲気でした。

噂の数種類あるケーキやプリンも制覇せねば・・・。
Nさんを待つ間、マスターはずっとシャカシャカ何かを混ぜたり、何かを焼いたり。
おひとりですべて作られているようです。気になります。

b0209976_15185632.jpg

↑スタンプもいただきました☆
朝から至福の時間、ごちそうさまでした☆

●cafe MARUGO/カフェマルゴ
福岡市中央区薬院2-10-23
092-713-6554
10:00-21:00 不定休


[PR]



by piskey | 2014-05-09 19:16 | 福岡のお店

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧