英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧




シャーロックホームズ全集①

8月も終わりですね。こどもたちは夏休みもおしまい。

夏休みの宿題といえば、いつも後回しにしていた読書感想文。

本当に毎年毎年、書きあぐねていた思い出。
現代は、夏休みの宿題代行もあるとか。ありえません!

今年の夏は改めてこちらを読もうと、買ったのは既に2ケ月前・・・。


b0209976_1911054.jpg

子供の頃にもちゃんと読んだ事が無く、BBCドラマ「SHERLOCK」を見たのがきっかけできちんと読んでみたいなと思っていた時、書店で発見。
シリーズで発刊されるそうなので、良い機会と思いつつ。

b0209976_1914069.jpg


b0209976_1921868.jpg

挿絵も初版の作家さんを使用だそう。
b0209976_1921798.jpg

年内に続々と刊行が。
b0209976_1921214.jpg



こちらは、シャーロックの探偵事務所があった設定の、ロンドンのベーカーストリート駅の構内。
b0209976_1922827.jpg

シャーロックがあちこちにいっぱいです。


過ぎゆく夏を惜しみながら、シリーズ読破を目指して、読書にも精を出そうと思います。
[PR]



by piskey | 2014-08-29 19:24 | 音楽・映画・本

リバティでシュシュ作り

リバティプリント。

柄の組み合わせをイメージしながら、印にあわせてひたすら裁断。

b0209976_1733210.jpg
20個作るので40枚ちょっとカット。

慎重に切り落えたら、
じっくり、二種類ずつを柄合わせ。

あっちがいい、こっちがいいと楽しく悩みます。

中表になるように重ねて縫い合わせ。

b0209976_1733957.jpg


バイアステープもカットして、それぞれの柄に合わせて組み合わせ。

b0209976_1733390.jpg


バイアステープの色味がアクセントに。


b0209976_17331038.jpg

テープを挟みこんで、
筒状になるように、ミシンがけ。


b0209976_1733460.jpg

表•裏の柄が違うシュシュに☆

ゴムを通して、通し口を縫い合わせたら、完成です。
b0209976_1733591.jpg


b0209976_1733623.jpg

バイアスの色、柄の合わせで、同じウィルトシャー柄も違う雰囲気に。
b0209976_1733731.jpg



b0209976_1733843.jpg


ちょっと秋色も作ってみました☆


こちらは、横に三種の柄を配分を変えつつ。


b0209976_1733139.jpg

レースをポイントに。
b0209976_17331263.jpg



組み合わせで、世界に一つしかないというとオーバーですが、自分だけのオリジナルが出来るのも、リバティのハンドメイドの楽しさです。




[PR]



by piskey | 2014-08-17 17:09 | リバティ/てづくり

ストーク・オン・トレントのお宿/英国旅Early summer 2014 ⑨

今回の初めてのストーク・オン・トレント滞在。

英国の田舎は、朝食が美味しいアットホームなB&Bか、古めかしいお宿に泊まるのが楽しみです。

こちらは、ストーク・オン・トレント駅。
b0209976_16511393.jpg

丁度、駅向いのジョサイヤ・ウェッジウッド氏がいらっしゃる所にある、駅と同じく
b0209976_16512571.jpg

ジャコビアンな建物に3泊しました。
b0209976_16513959.jpg

駅から10秒の好立地です。荷物が多いので即決でした。
タクシー乗り場、バス停も目の前です。

案の定ミシミシいう床。でも、小さいながらEVもあるホテルでした。
(イギリスはホテルでも、古い建物だと、EV設備がない所多いです。)

b0209976_16582877.jpg

天窓とアイアンワークの美しい階段。
b0209976_1658294.jpg

ステンドグラスの窓。重厚なアンティークスタイルです。
フロアごとに床のカーペットも違います。
b0209976_1658303.jpg



シングルユースですが、ツインの部屋にしてくれていました☆
田舎のホテルはゆったりしています。
b0209976_16583167.jpg

TVがブラウン管…。
b0209976_16583256.jpg


そしてバスタブ付き(イギリスではポイント高いです。)のバスルームが別室に。

b0209976_16583235.jpg

このカーペットの色と柄好み~。

壁に掛けてある額絵は、ストークの陶器の製造の様子のリトグラフ。
興味深い。

b0209976_16583432.jpg



b0209976_16583577.jpg




窓から見える建物も同じくジャコビアン様式です。
b0209976_1655227.jpg

屋根の飾りが気になります。
b0209976_16553824.jpg


丁度、初日にはウェディングパーティーが一階のレストランで行われていたようで、賑やかでした。
朝ごはんもビュッフェ式でしたが美味しかったです。
フロントの方も親切。


英国滞在の宿に求めるものは、安くて清潔な部屋とたっぷりでるお湯と、ティーセット、
お宿の方の笑顔があれば十分です。(ハードル下げ下げです。)


●Britannia North Stafford Hotel
Winton Square, Station Road, Stoke
[PR]



by piskey | 2014-08-14 16:56 | 英国旅日記

2014年8月*筥崎宮蚤の市

日曜日の筥崎宮蚤の市。
台風は福岡をかすめるようだったので、大丈夫かなと思っていたら…。

b0209976_198371.jpg


結構な風に、
小雨もひとしきり。
風で陶器が倒されて、落下。
木っ端みじんになったりで、かなり心折れそうな一日でした。
b0209976_198417.jpg

b0209976_198533.jpg

こけしも泣いています。


でも、お客さまや周りの方々に、随分励まされました…。

雨の日でも、小道具いろいろ。

b0209976_198662.jpg


お隣では、こけしの値段交渉中。
オーストラリアからの買い付けだそう。


b0209976_198899.jpg


イギリスのアンティークフェアでも、ちらほら見かけるこけし。
世界で、じわっとブームでしょうか。

b0209976_198922.jpg

お向かいさんの、可愛いアイテムたち。

b0209976_1981094.jpg

ピンポンパンのお皿〜♪に、カラフルな大きなカゴたち。

b0209976_1981148.jpg




帰りはドロドロの姿でしたが、久しぶりにこぐまや洋菓子店さんへ。
b0209976_1981298.jpg


肝心の店内のお菓子画像を取り忘れ…。
b0209976_1981368.jpg


b0209976_198133.jpg


今年の夏は個人的にゼリー作りがブームなのですが、やはりプロのゼリーは一味違います☆

b0209976_1981442.jpg


りんごのミルリトン、レモンケーキをいただきました。

蚤の市後の癒しでした。



筥崎宮蚤の市は、来月9月はお休みです。
年内は、10/12(日)、11/9(日)、12/14(日)と続きます☆







[PR]



by piskey | 2014-08-12 18:20 | 日々のこと

カフェ ブラジレイロ@福岡市店屋町

待ち合わせは、店屋町。
b0209976_2343815.jpg

老舗喫茶のブラジレイロさん。
b0209976_2344033.jpg

店内は自家焙煎の香しいかおり。
二階席へ。そう、急勾配の階段、久しぶりです。
b0209976_2344213.jpg




ランチメニュー。

どれにしようか迷いますが、
b0209976_2344134.jpg

hさんは即答!
やはりこちらを☆
b0209976_2344373.jpg

フォトジェニックの造形美。
ビーフカツレツです。
b0209976_2344418.jpg

とんがりシェイプはどうやって成形してるのでしょうか。

b0209976_234457.jpg

外はさっくり。
中はジューシーです。

付け合わせの野菜も、抜かりなし。
b0209976_2344613.jpg


昭和一桁の創業だそう。
店内もお昼過ぎるといっぱいに。

丁寧なサービスのウェイターさんたち。

久しぶりのhさんとのランチ、お喋りし過ぎ…。

b0209976_2344714.jpg

川端商店街には、仙台の七夕祭りがやって来ていました☆。

b0209976_23449100.jpg

リバレインも、アンパンマンミュージアムが出来て様変わり。
b0209976_2345061.jpg



ごちそうさまでした☆
次回は甘いメニューもいただきたいなぁ。



●ブラジレイロ
福岡県福岡市博多区店屋町1-20
092-271-0021
定休日:日曜日・祭日、年末年始
OPEN 10:00~20:30
10:00~19:00(土曜日)
[PR]



by piskey | 2014-08-07 22:35 | 福岡のお店

大濠花火大会

ドーン!バチバチバチ!という音を聞きながら、歩いて大濠方面へ。

向こうに見える花火を目指して、名島門を、くぐって。
b0209976_1649776.jpg


腰を下ろして、鑑賞です。

b0209976_16485864.jpg



b0209976_16485965.jpg


このポイント、ゆったり座れて、帰りも混まずにおすすめです。
b0209976_1649079.jpg


こちらの、最後にジュワジュワと散って行く大玉好きです。
b0209976_164919.jpg

桜と花火を見ると、泣きたくなる気持ちが込み上げるようになったのは、いつからでしょうか。

10代の頃は、涙とか一切無かったぞ。

b0209976_1649211.jpg

ピンボケでも花火。
b0209976_164934.jpg

最後は圧巻の美しさ。


帰りは、赤坂の素敵なお店に辿り着きました。

Sさん、楽しい時間、ありがとうございました☆
[PR]



by piskey | 2014-08-02 16:03 | 日々のこと

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧