英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧




イギリス菓子の会*イギリス菓子お試し会へ

最近の巷の話題になるお菓子、スイーツショップはフランス菓子が主流のような。

でも英国菓子も、素朴で美味しいものたくさん。ミルクティのおともにはやはり、甘い焼菓子は欠かせません。

フランス菓子ほど、姿形が洗練されていないというのは事実ですが・・・。

そして自分もまだまだ、トライしたことのない英国菓子、知らないお菓子がたくさん。


先日の土曜日の夜、フードライター・編集者で、英国料理やお菓子を研究されている
羽根則子さん主催の「イギリス菓子の会」の催しがあるとの事で、ワクワクしながら行ってきました。


会場は営業終了後の、今泉の「Henry&Cowell」さん。

b0209976_20155934.jpg

こちらのお店、一時期はまって通っていました・・・。
内装も可愛い~♪

b0209976_20184365.jpg


あ!先客はMさん!こちらでお会い出来て嬉しいです~☆

カウンターにはイギリスのお菓子たちがずらり。
b0209976_20194455.jpg

奥から、「アーモンド・フォーク・ビスケット」「シュールズベリー・ビスケット」「クィーン・ケーキ」
「ショートブレッド」「スコーン」!

前者3種は初めてのお菓子でした。ほーぅ。

せっかくなので、クロテッドクリーム&スコーンいきたかったのですが、すっかり食後の満腹で寄ってしまい、
激しく後悔・・・・。

とか思いつつ、大好物のたっぷりの量のショートブレッド♪&ミルクティ。
b0209976_20215941.jpg


羽根さん、集まったみなさんと、日本のスコーンとイギリスのスコーン談義等をしつつ・・・・。
b0209976_20213679.jpg


イギリスのミルクティに合う焼菓子・ケーキの種類はとってもたくさん。
お手製のお菓子を提供するティールームでは、本当にたくさんの種類があります。
時として冒険するのが怖いメニューもあるので、つい定番のレモンケーキや
ヴィクトリアンスポンジ頼んでしまいますが・・・。


甘さ控えめでなく、どっかり甘く、脂肪分たっぷりで、ドライフルーツたっぷり、
アイシングたっぷりなリッチなものたくさん・・・。

そして、スコーンは、割ってジャムとクロテッドクリームをたっぷりつけていただくものなので、
単体としては塩気が効いているのがイギリスで良く出てくる味だなと日本のスコーンとの違いを実感。
日本のスコーンは、甘味が強く、何もつけなくても美味しく作ってあります。
自分が好きでつい見つけたら買ってしまうのは、「即興詩人」さんのスコーン!
それぞれ食べる時や食べ方がちがうので、それぞれの美味しさが。


この場では食べられませんでしたが、しっかり全種類お買い上げして、翌日のおめざに♪
どれもミルクティと美味しくいただきました☆

羽根さん、第2回の開催楽しみにしています。ごちそうさまでした☆

次回、イギリスのティールームでは、食べた事のないスイーツに挑戦してようという意欲に
火が付きました!




               ●羽根さんのBlog↓は英国のお菓子や料理のレシピがいっぱいです☆

イギリスの食、イギリスの料理
[PR]



by piskey | 2012-04-25 21:00 | あまいもの/たべもの

4月のハコイチ/箱崎手づくり市

前回の3月のハコイチから余裕で一ヶ月以上あるから、制作もゆっくりできる!と
思っていたのも束の間。
案の定、新しいアイテムをひねり出すのに夜なべが続く1週間でした・・・。
なんとか形にすることが出来て、さぁハコイチへ。

↓ハコビルの風景です。
b0209976_20172618.jpg


今月も、興味津々の作家さんたち・・・。

初出展のミレレさん。
↓プラバンで作ってらっしゃるチャーム!中学生の頃、トースターで作るのが流行りました!
懐かしい!けど、作家さんは芸術学部の学生さん。いまもこの素材が健在なのに驚き。
ユーモラスなお家のデザイン。
b0209976_20172998.jpg


↓樹脂粘土のアクセサリーやフィギュアの梅屋さん。
手で丸めて作っているようには思えない可愛い形。
b0209976_2018572.jpg


↓come canui!さん。いつもディスプレイもステキです。
b0209976_20181091.jpg


↓自家栽培の生姜を使った手づくりシロップやジャムのkotokoto kitchenさん。
いろんな味のジャムがたくさん☆
b0209976_20183438.jpg


↓いつもお世話になってしまう、こぐまや洋菓子店さんは、青く光る冷蔵最新器を導入されてらっしゃり、
生クリームたっぷりのロールケーキが。
多数の作家さんが、合い間にぱくついてらっしゃるのを目撃です。
b0209976_20183788.jpg



そして、お隣だった革細工のOns' Leather Craftさん。
いつものように背後から制作過程を凝視!凝視!
そして撮らせていただきます!
b0209976_20192250.jpg

b0209976_20433487.jpg

厚い皮の縫製は力仕事ですね。
職人さんです・・・。



ハコイチは和装こものの作家さんもいらっしゃるので、素敵な和装姿が
拝見できる楽しみもあります。
こちらはいつも淑女感たっぷりのKalmiaさん。

b0209976_2038818.jpg

自分は落ち着きなく、ウロウロ、カシャカシャしているのに対して、いつも自席でちくちくと
和装姿で刺繍をされています。あぁ、目指したいところです・・・。

そして、主催のはなと屋さん☆
b0209976_20401327.jpg

いつも昔の着物をモダンに着こなされてらっしゃいます。
和装への憧れは日に日に増していきます。
いつかイギリスの蚤の市やアンティークフェアに和装で買い付けに行けたら、ディーラーさんが
いいもの出してくれるんでは・・・!?

ハコイチは素敵な女性が多く、自分もわが身を振り返るのであります・・・。



今回も楽しい一日を過ごさせていただきました。
雨も何とか降り留まってくれました。
たくさんのブースの中から目に留めてくださったお客さま、出展のみなさま、はなと屋ご夫妻、
ありがとうございました。


次回ハコイチ、来月は、5/26(土)・27(日)の開催です♪




                        ハコイチ/箱崎手づくり市 HP
[PR]



by piskey | 2012-04-24 20:47 | 日々のこと

リバティで木製のピンチ*リバティでハンドメイド

またしてもチマチマした作業ですが、リバティの残ったハギレも喜ぶ(!?)小さなアイテムです。


木製ピンチをリバティ仕様に。

メモ紙をはさんだり、タオルを留めたり、プレゼントにつけるメッセージカードを

留めたりと結構重宝しています。




b0209976_1742295.jpg


いろんな柄があるので、リバティはやっぱり楽しい☆
b0209976_17422135.jpg

[PR]



by piskey | 2012-04-20 17:43 | リバティ/てづくり

赤坂けやき通りのペルケノー /Perche No!?さん

遅ればせながら先月の楽しかった食事会。

赤坂のけやき通りにあるイタリアン、ペルケノーさん。

人気店の金曜の夜なので、ご一緒するHさんが予約を入れて下さいました。


間口は狭い縦長の空間でしたが、大きな鏡と、壁面をすりガラスにしてあり
圧迫感がないように工夫された清潔感のある内装。
エントランスもビルの中に引きこむ動線になっていて、ユニークでした。

あぁ、外観や看板の画像は一切無しです・・・汗。

前菜。生ハム、サーモン、レバーのパテ、ブリオッシュ。
b0209976_19344583.jpg

パスタはイカ墨入り。あさりとイカのトマトソース。魚介の風味たっぷりの一品。
黒いパスタ初めてでした☆
b0209976_19345392.jpg

これまた画像はありませんが、自家製と思われる、数種類あるパン、グリッシー二は
メインの前につい手が伸びちゃいます。
グリッシーには長すぎて、折るとポキッと他の部分も折れて、テーブルの下へ落下事故発生・・・。

b0209976_1935015.jpg

メインは鴨のコンフィ。チーズに隠れてますがドーンと、どのお料理もたっぷりのポーション。

デザートもドーン。カッサータとアイス。
b0209976_19351084.jpg


知識がないので、カッサータとヌガーグラッセって作り方が近いお菓子なんだろうか・・・。

似てる!

満腹でございます。

ゆっくり食事を楽める雰囲気のある空間とサービスで、Hさんとあーだ、こーだとよもやま話。

楽し夜を過ごさせていただきました。


けやき通りはまだ行ったことないお店、新しいお店たくさん☆開拓したいです☆





                          ●ペルケノー (Perche No!?)                         福岡市中央区警固2-17-10SPAZIOビル1F
                         092-725-3579
                         月曜定休日(祝日の場合は翌日)







[PR]



by piskey | 2012-04-17 20:21 | 福岡のお店

シルバーのチャーム*ボール遊びをするネコ

ネコが続きます。

蚤の市やアンティークフェアでも、シルバーのチャームを見るのはとっても楽しい時間です。

ほんの2㎝位のモノなので、ひとつひとつ見て探す作業は大変なのですが、
種類も多く、面白いものもたくさんです。

そして、本当に良くできているデザインに出会うとテンションが上がります!
馬車や教会、お家に犬や猫、鳥や動物、定番のハートや十字架、ティーカップや
バッグ、イニシャル、手紙、本当にたくさん。
そしてそれぞれの意味合いも。
鳥かごを開けると小鳥がいたり、バッグを開けると鍵が入っていたり、
建物の屋根を開くと人がいたり動きがあるデザインんのものもたくさん。

チャームはシルバーの大きめのチェーンブレスレットに年に一つずつ増やしてジャラジャラつけたり、
ペンダントトップにしたり。

こちらのネコ。
b0209976_20572649.jpg

ボールで遊ぶ姿にひとめぼれ。
b0209976_20574824.jpg

小さいながら本当にボールとたわむれているようなポーズで、
どこから見てもキュンとなります。
b0209976_21113181.jpg
b0209976_2058188.jpg

お尻もキュートです。
b0209976_20583667.jpg


こちらは既に私の手元から、猫好きさんのもとへ。きっと可愛がってもらってるだろうな☆
[PR]



by piskey | 2012-04-10 21:09 | 英国ヴィンテージ

シルバーのペンダントトップ*悪い顔のネコ


英国のシルバーのアクセサリーはとても豊富です。
ジャラジャラとつけるブレスレットのチャームやブローチ、ネックレス、リング・・・。


こちらは蚤の市で見つけたヴィンテージのペンダントトップです。
b0209976_18313151.jpg

2㎝もない大きさですが、頭、手、足がそれぞれ動くようにとても精巧にできています。
すっごい短足・・・。
シルバー925の刻印入りです。
b0209976_18314452.jpg

この体のアンバランスさも可愛い要素ですが、なんといっても、この悪そうな表情が・・・。
b0209976_18315851.jpg


いろんなポーズも楽しめます☆
b0209976_1832872.jpg


b0209976_18322737.jpg

猫好きの人の胸元を飾っていたのかな・・・。
[PR]



by piskey | 2012-04-08 18:42 | 英国ヴィンテージ

慣れると美味しいファッジ/イギリスのスウィーツ

Tちゃんが差し入れしてくれた、英国ファーニス社のファッジ。
ファッジは、イギリスのキャンディ菓子の一種です。

似たお菓子にトフィがありますが、トフィのほうがハードでキャンディに近く、ファッジは
キャラメルに近い感じでしょうか・・・。
ファッジは砂糖にバターとミルクがたっぷり入ったソフトな食感です。
キャラメルよりも柔らかく、口の中に入れると噛んで食べられます。
b0209976_1824544.jpg

Tちゃんが選んでくれたのは、更にクロテッドクリームが練り込まれた
とってもリッチなテイストのファッジ。クロテッドクリームはスコーンにジャムといっしょに
たっぷりつけるクリームですね。
きっと、自分の憧れの地、コーンウォール(クロテッドクリームの発祥の地でもあります)の
風景のboxだから、選んでくれたのだと思います。Tちゃん、ありがとう☆
b0209976_1825536.jpg


一粒口に入れると、甘さで脳がしびれます・・・。いやほんとに。
久しぶりのイギリス菓子の甘さをしばし堪能。

b0209976_18252063.jpg


日本の上品な甘さ控えめのお菓子に慣れていると、久しぶりにこの激甘さに味覚が驚く感じ。
でも、慣れとは怖いもので、そのうちこの甘さはクセになります・・・。

甘いだけでなく、こちらのバターの含有率11%の表記が・・・。
一粒でもあなどれないカロリーだと思われます。

向こうでもスウィーツのお店やマーケットに、ブロックのようにファッジやトフィが
山積みされているのを見かけますが、大人の方も大好きのようで、
みなさん止められないんだろうな~というのを実証させていただきました。

自分はイギリスのお土産とかでいただくと嬉しいですが、初めて食べる方へのお土産
にはキビシイかな。口に入れて、「ゲッ!!」と言われてしまいそう・・・。
[PR]



by piskey | 2012-04-07 18:57 | あまいもの/たべもの

コプチャン鍋の会/警固のゴールデンタイムズさん

あの嵐の中の会合。あまりの豪風に中止になるかな~と思っていたけど、

そんな連絡もなく!

場所は警固交番近くのコリアンダイニング、「ゴールデンタイムズ」さん。

5人で和やかな会合で囲むのは・・・。
b0209976_20384353.jpg

サラダや前菜があり、お店の名物なのかな、チヂミ2種。
b0209976_20162363.jpg

チヂミだけど、揚げ焼きのような感じのもっちもっち、チーズがトロトロの新食感の
お品でした。
うむ、これはまた食べたくなる・・・。


b0209976_20163978.jpg

店内のモニターにはトム&ジェリーが。久しぶり。

それからメインのコプチャン鍋。初めてです☆。辛味噌仕立てのスープの入った
浅めのお鍋に、大きなジャガイモスライス、モツ、しめじ、玉ねぎ、ニラ、ごぼうたっぷり。
b0209976_20164922.jpg

スタッフさんが、博多地鶏のコラーゲンが投入。皆、凝視!
b0209976_20171210.jpg

プルプル~。
b0209976_20172278.jpg

仕上げにスタッフさんが、卵とチーズを投入して完成。
いざ、いただきます!
b0209976_20173853.jpg

野菜も甘くて、辛さも丁度良く、モツもとっても新鮮でプリプリでございました。
会員カード所有のTちゃんや、R姉が通っているのが納得。
↓美味しそうに見えませんが、締めのクリームリゾット。
b0209976_20174627.jpg

最後にできたオコゲまで、美味しくいただきました☆

デザートは店長さん作の、キャラクターがチョコソースで書かれたクリーム付きのアイス。
b0209976_2018280.jpg

芸の細かさに、きっと女性ファンが多しと思われます。
お店の方のサービスもきめ細やかで、楽しい時間を過ごさせていただきました。
そして3.000円でお釣りがくるコスパの高さ・・・。

みなさん、お誘いありがとうね、楽しい嵐の夜となりました。




                         ●創作コリアンダイニング 
GOLDEN TIMES 警固本店
                          福岡市中央区警固1-12-3 1F
                          TEL 092-577-4346
                         OPEN 平日・日祝 18:00-2:00
                              金・土    18:00-4:00      




[PR]



by piskey | 2012-04-04 20:43 | 福岡のお店

ホーンジーのカップ&ソーサー

イギリスの陶磁器メーカーは新旧数えきれないほどありますが、1960-70年代の
デザインが好きなメーカーのひとつ、ホーンジーポタリ―/HORNSEA POTTERY.

ヨークシャー州ホーンジーに1949年に創業して、60-70年代に最盛期を迎え、
90年代には斜陽時代を迎え2000年についに消滅してしまったメーカーです。

最盛期の頃は、シンプルなシルエットのテーブルウエアでありながら、たくさんの
優れたデザインをシリーズで生産しています。

ヘアルーム/Heirloom,ブロンテ/Bronte,サフラン/Saffronなどが代表的です。

↓こちらはブロンテ。波のようなユニークなデザイン。
b0209976_18234831.jpg


中でも自分のお気に入りのシリーズがフルール/Fleurです。
ブラウンやブルー系の陶器が多い中、柔らかい白い地が印象的です。
b0209976_18293140.jpg

白い地肌にぷっくりとしたグレイッシュグリーンとカーキブラウンの独特の花模様が
浮き上がるように施されたデザインです。
b0209976_183034.jpg

この微妙な色合いがツボです。

ポピーのような花の花弁と茎の部分が着色されていないのが、スッキリ見えるポイントだと思われます。
こちらのカップ&ソーサー以外にもポット、キャニスターの容器、どれもやわらかな色合いです。

b0209976_18395654.jpg


ホーンジー、どれもシルエットはシンプルで実用的です。陶器自体も厚みがあり、
ぽってりした感じ。


ホーンジーミュージアムが、ホーンジーに作られていて、製造が少なかったレアな
アイテムも見られるそう。なので、いつかこの陶器たちが生まれた地を訪ねることが
出来たらいいな、と。
[PR]



by piskey | 2012-04-03 18:47 | 英国ヴィンテージ

鳥飼八幡宮さくや祭り 大萬大吉西の市

桜咲く陽光の中の、縁結びの神様、鳥飼八幡宮。

境内のさくや祭りとともに開かれた、大萬大吉西の市に出展させていただきました。
ここ数日の気温で桜も丁度見頃となって、お天気も良く万歳!

ただ、風が思いのほか強く冷たく、ブルブルでした・・・。
毛糸パンツも、レッグウォーマーもこの日は必要だったようです(泣)

テントも飛んでいきそうだったので、持ち場をあまり離れられず、時間をみつけて、
駆け足でご近所さんを回らせていただきました。
b0209976_22444964.jpg


↓ぼけてますが、以前住吉神社の雑貨市でもお見かけしたマトリョーシカ☆
車いっぱいにマトリョーシカ!
b0209976_2245234.jpg


天然石アクセサリーのeaccebizさん。
b0209976_22484434.jpg

キラキラ、ステキでした☆
b0209976_22455585.jpg



↓ハンドメイドロボットペンダント!!
ボディは木製でいろんな金属のパーツがたくさんついているロボットくん。
どれもいろんな表情で興味深~く拝見しました☆
画像がわるくて載せられません(涙)が、お隣の手打ち金属のスプーンも味わいがあって
とっても好みでした。
b0209976_22461896.jpg


飲食店さんも行きたかったのですが、今回場所が離れていて残念、無念。
一番ちかくのキャラメルポップコーンのかぐわしい香りのみ、満喫させていただきました。
他にもお隣はネイルやマッサージのブースだったり、占いもあったり、
東欧の雑貨やアフリカ、和もの、いろんなジャンルのお店がたくさん。


↓帰り際に、行商に来られたのは・・・。
b0209976_22463276.jpg

室見川の春を告げるぴっちぴちのしろうおです。
ビニル袋の中でスイスイ♪
踊り食いのおススメいただきましたが、「うーーーーん。」勇気ありませんでした・・・。
室見川の筑肥橋河川敷の販売所で販売されているそう。気になられた方は、室見川しろうお組合(092-881-4011)まで!
もうそろそろ終わりかけのようですので、お早めに~。

夜のライブも撤収後見たかったのですが、タイムオーバーで後ろ髪ひかれながら
お店に片付けに戻りました。


それから朝、OPEN前には神主さんが各店をまわって下さって、シャンシャンお祓いをして下さったのです。
境内すべてのものがこうして縁起物となりました☆
b0209976_22463857.jpg



きっとわが店のイギリス生まれの人たちも、ご利益を賜り、連れて帰って下さったみなさまに
幸運をもたらすと思われます♪




今回のイベントでも、友人やお知り合い、twitter、facebookでお知り合いになった方にも
来てくださったり、出展者の方や主催の方々、たくさんの出会いがありました。

お礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]



by piskey | 2012-04-01 22:33 | 日々のこと

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル