英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧




おいしいパン屋さん*パン・ナガタ箱崎店

炭水化物大好き!ということで、パン屋さんも大好きです。


筥崎宮蚤の市への出張する時、楽しみにしているのが箱崎のパン屋さん。

美味しいパンが待っている!と思うと早起きも頑張れます(単純・・・)。


こちらは、筥崎宮参道からすぐ、春日市が本店のパン・ナガタさんの箱崎店です。

箱崎の町に馴染む、古い民家をリノベした昭和テイスト溢れるお店です。

b0209976_21105544.jpg

b0209976_21112494.jpg

看板も、オロナミンCとか・・・。


パンもガラスケースに入っています。あたたかな灯りでどれも美味しそう♪
b0209976_21115559.jpg

店内も、照明や、瓶コーラの自販や、ベンチ、いたるところが懐かしい感じ。
他の支店とは、趣きが違います。
b0209976_21203758.jpg


自分は上がった事ないですが、2階もあって、イートインスペースのようです。

b0209976_21124422.jpg

石釜パンが美味しいナガタさんですが、サンドイッチも美味しい~♪

この日買ったスコーンは自分好みの味でした。

b0209976_2113554.jpg

ソーセージロールは、ソーセージが魚肉ソーセージでした・・・。



箱崎は、パンストックさん、やおきパンさん、美味しいパンの誘惑が多い町です。




                  ●パン・ナガタ 箱崎店 
                  福岡市東区箱崎1丁目44-20 
                  TEL:092-643-8680
                  営業時間:平日AM:7:30~PM:7:30
                         土日祝日AM:7:30~PM:7:30
                  店休日:第一火曜日、お盆、年末年始
[PR]



by piskey | 2011-11-30 21:34 | 福岡のお店

子猫のフィギュア*英国生まれ?

なぜか周囲は猫好きの方多しです。

なので、最近イギリスよりやってきたヴィンテージの子猫ちゃんを。

高さ6cm余りほどのちっこいサイズです。

b0209976_19225071.jpg

外側に広がった手足と、プリプリの後姿がキュートなコです。
b0209976_1923979.jpg

フェイスはちょっとパーツが、下に集まり気味・・・。

この絶妙な2頭身のバランス・・・。
ヒゲはぴよんと、別につけてあります。
b0209976_19233644.jpg

この手の表情、何か昭和の香りが漂います。
「foreign」の刻印も何もないのですが、
恐らく日本の輸入品なのでは!?

b0209976_1924897.jpg


かわいいので、連れて帰ってきてしまったネコシリーズです。
明日初めて、筥崎宮の蚤の市へ連れて行ってきます~☆
[PR]



by piskey | 2011-11-26 19:30 | 英国ヴィンテージ

一ヶ月後は・・・*ヴィンテージのクリスマスハンカチ kawaii

朝晩寒いです。
昔から寝つき・寝起きともに悪いのに、ますます寝起きが悪くなって
困ってしまいます。

そして1月後は、クリスマスです。今年は曜日がいいので大型連休になる方も
多いのかな。



こちらは、夏に探して連れて帰ってきた、こども用の小さなハンカチ。

赤と緑の2色使いがほのぼのの、クリスマス柄です。

b0209976_133035100.jpg

サイズは、20㎝角のかわいらしさ。

状態もきれいです。こういう季節もののハンカチは、実際使ってないものが
ほとんどだと思います。
プレゼントか、買ってもらったこどもは、飾り用にするか、
眺める→楽しむ→きれいにたたんで→しまっておく→また取り出す→
眺める→楽しむ→またしまう、パターンです。

b0209976_13391945.jpg

b0209976_13304990.jpg

サンタさんも優しい顔ですが、プレゼントの人形の表情もツボです。
左側には、ゴーリー君もいます。
そしてお決まりのテディベアも。

何年経ってもこの小ささながら、ほのぼのさせてくれるハンカチです。
もちろん、使えません。
[PR]



by piskey | 2011-11-24 13:42 | 英国ヴィンテージ

リバティの本*THE LIBERTY BOOK OF HOME SEWING

Amazonで予約時期からポチッとしそうだった、リバティのソーイングブック。

ここ最近たくさんのムック本やリバティの本が本屋さんに並んでいますが、

こちらの「THE LIBERTY BOOK OF HOME SEWING」、使われている写真、

装丁がとても美しい~☆

b0209976_18314695.jpg

表紙にウィルトシャー柄が使われているのもポチッとの要素です・・・。
b0209976_1832069.jpg


b0209976_18321798.jpg

ふんだんにリバティプリントが全面に。
開くのがとても楽しいです♪
b0209976_18323619.jpg

150Pのオールカラーのボリュームで、作り方は大ざっぱにのっています(笑)。
b0209976_1832473.jpg

エコバッグから、クッション、コサージ、エプロン、などなど25種。
作り方の解説は、あらかた絵です!
ユニークだったのは、孔雀の羽根柄のCaesarをアップリケにした、
孔雀型のピンクッション。
同色柄を持っているので、作ってみたいな。でもサイズが巨大そう・・・。

b0209976_18325699.jpg

なぜか、なんちゃっての着物も。
モデルさんの登場は少ないですが、東洋系のモデルさんです。
b0209976_1833473.jpg

↑イギリス伝統のヘキサゴンパッチワーク。

まだパラりとしか読めてませんが、ページを開くたびにワクワクできる本です。
作るかどうかは別として(笑)、写真がきれいなので楽しめます。

b0209976_18331551.jpg

↑ウィルトシャーのこの販売されてないカラー!たまりません。

巻末に使用した柄の一覧もついています。
こちらの内容で、2.000yen弱だったので、よいお買いものだと
思われます(思いたい・・・)☆
[PR]



by piskey | 2011-11-20 18:51 | リバティ/てづくり

さまよった夜*「玉川ポルタ」さん

以前から行ってみたかった、福岡市南区のダイニングカフェ

「玉川ポルタ」さんへ。

お店の名前のひびきが、売れてない芸人さんの名前っぽく感じるのは

自分だけでしょうか・・・。

いえいえ、違います。「ポルタ」はイタリア語で、「扉」の意味だそうですよ。

玉川は地名です。

b0209976_1940399.jpg

オシャレですが、お座敷もある居心地のよさげな空間。
b0209976_1940473.jpg

インテリアも好みです☆カリモク60の黒。
b0209976_19444617.jpg

b0209976_1941424.jpg

我が撮影では、お店の空間の素敵さが伝わりずらいと思われます・・・。
天井も高く、とても開放感があって、お昼間のランチタイムも行ってみたいお店です。

今夜はスペシャルゲストも。子供用いすにお座り。
b0209976_1943249.jpg

いつものごとく、お料理は全部撮ってないですけど、
自家製のクリスピーなピッツア。キノコ。
種類いろいろありました☆
b0209976_19431345.jpg

燻製のアジ~♪燻製にすると、こんなに美味しいのですね。
b0209976_19432383.jpg

ブタの角煮、厚く切った生ハム、お豆腐のサラダなど、美味しくいただきました。

b0209976_19433932.jpg

ベツバラはチーズケーキで。
小石原のカップ、好みでした。


こちらに辿りつくまでに、すっごい迷ってしまい、同行のFちゃんには
大変迷惑を掛けました・・・。駅から10分のはずが、30分位歩いて、お店に電話して
ようやく着く始末。猛省。あんなに下調べしたのに・・・。


料理上手のお店のオーナーさん、笑顔が素敵なスタッフGちゃんさん、
ありがとうございました☆

3人+こぐまちゃんのわいわい楽しい夜でした!



                                        玉川ポルタ
                              
                                   福岡市南区向野1-4-29
                                      tel&fax/092-562-8111
                              mail/tamagawa.porta@gmail.com
                                  open/11:30~16:30(OS16:00)
                                    18:00~23:00(OS22:30)



[PR]



by piskey | 2011-11-19 20:01 | 福岡のお店

Jane Packerさんに寄せて

昨夜、悲しい知らせが耳に。

英国のフローリストであり、デザイナーのJane Packer/ジェーン・パッカーさんが先日亡くなられたそう。

友人のメールで知り、彼女のwebsiteに訃報が。春に倒れられ、闘病されていたようです。

英国に留まらす、日本・米国、最近はソウルや香港にもお店やスクールを
持たれてあり、著作もたくさん。ファンだった方も多いはず。

80年代にセーラ元妃のロイヤルウエディングを手掛けてから、話題になり、
イギリスの大手スーパー、マークス&スペンサーの生花部門のブランディングを手掛けたり、
スクール事業、ブライダルフラワーをビジネスとして成功させた方です。


b0209976_14284921.jpg

                                      ©JANE PACKER

英国の従来のクラシカルなデザインと違って、シンプルで洗練されたデザイン、
トレンドを取り入れた、インテリアとしてのフラワーデザインを提案し続けた方で
自分も大好きなデザイナーさんでした。

自分も英国へ花留学していた時、いくつかスクールを見学したりしましたが、
彼女の作るデザインが好きで、ロンドンでの4週間のスクールでみっちり彼女のスタイルを
学ばせてもらいました。
早くからアレンジにフルーツや野菜を取り入れたり、花合わせや色使い、
毎日のレッスンがとても新鮮で、充実した日々でした。

昨晩は、久しぶりに当時の事を思い出しながら、その時の写真やノートを見ながら
過ごしました。

b0209976_14531536.jpg

多忙なご本人自身のレッスンは数えるほどでしたが、いつも教える時は真摯に、それ以外は
気さくな笑顔がとても素敵な方でした。

b0209976_14533313.jpg

1997年出版された本。今開いても、古さをかんじさせないもの。
b0209976_14535223.jpg


まだ50歳ちょっとのご年齢。
自分がフローリストとして、影響を受けたデザイナーの一人なので、
本当に寂しく、残念です。
ご冥福を心からお祈りしたいと思います。

b0209976_1585918.jpg

                                       ©JANE PACKER
[PR]



by piskey | 2011-11-17 15:16 |

薬院のカフェ*CACHE CACHEさん

何度となく訪れているのに、カメラを忘れ、カメラの中のSDを忘れ、
行ったのに撮るのを忘れ・・・・。
b0209976_1632333.jpg
 
薬院の逓信病院近くにある、ランチとカフェお店
「CACHE CACHE/カシュカシュ」さんです。
b0209976_1633629.jpg

昔の古いガラスがゆらゆら、柔らかい光が店内に。
古い建材を生かしたとてもあたたかなステキな外装と内装です。
b0209976_16131366.jpg


いい風合いのカウンターテーブルも、お二階にあったソロバン教室のテーブルを
リメイクされたとか。いろいろ机に掛かれた文字が見え隠れしています。
b0209976_16134459.jpg


b0209976_16485731.jpg

絵本「CACHE CACHE」が、お店の名前の由来だそうです。
飾られた小さな雑貨もひとつひとつがかわいいです。
b0209976_16211071.jpg


使われてある食器、道具にも、こだわりが。
イギリスのヴィンテージ、ホーンジーやミッドセンチュリーのカッブも。
b0209976_16213425.jpg

b0209976_16225653.jpg

バナナケーキもしっとり。
小さなスプーンまで、ひとつひとつがツボ!
b0209976_16233447.jpg

ハード面だけでなく、作られるランチの食材にもとてもこだわっていらっしゃいます。
以前は、神戸でイタリアンのシェフを長年されてあった女性オーナーさん。
日替わりで、栄養バランス良い品数の多いランチを毎日、丁寧に作ってらっしゃいます。
おススメのランチの画像は・・・・、無いのですが・・・・(汗)。また次回。
b0209976_16315455.jpg

デザートやスイーツもすべてお手製です。
おひとりで本当に丁寧なお仕事・・・。

以前から気になっていて、こちらにお伺いしたのは、今年3月の自分のお店の
開店準備中にお手伝いしてくれた友人とランチに行ったのがはじめてでした。

それがきっかけで、チョコチョコお伺いさせていただき、
いつも、こちらに伺うとホッとできる憩いの場であります・・・。


カウンターのみなので、女性ひとりでもふらっと入りやすい雰囲気です。
まだ行かれた事のない方は、ぜひおすすめのステキなカフェです。



                           ●CACHE・CACHE ご飯&cafe        
                           福岡市中央区薬院2丁目11-9
                                    092-751-1109                
                           OPEN 11:30~16:30(LO 16:00)
                                月曜日・第3日曜日お休み 





             
[PR]



by piskey | 2011-11-16 17:06 | 福岡のお店

薬院で会合*ワインバー TANGAさん

ブログを初めていつの間に、1年ちょっと経ちました。

ブログからお知り合いになったおひとりのHさんと、初めて二人での会合~。
自分のお店の丁度真下のフロアに10月にOPENされたワインバー、
「bar a vins TANGA」さんです。

b0209976_16263985.jpg

お近くの人気ビストロ、「ビストロミツ」さんの3軒目の姉妹店さんで、
来店するのは2回目です。
シックで落ち着いた店内。ソムリエさん、シェフさんともに女性2人でお店をされていて、
15時から多数のワインが飲めます☆
自分は、チリの白ワインいただきました。
b0209976_16273019.jpg

付きだしの根菜のチップスに、鴨のリエット。
「リエットって何?」の問いに、Hさん曰く、「酒好きが好むツマミ」だそう。
しかし、二人ともお酒弱かったりして・・・。パテのようなペーストです。
b0209976_1637539.jpg


b0209976_16275731.jpg

大好きなチーズ、バゲットに、鴨のロースト、温野菜も。

b0209976_16281059.jpg

子羊のハンバーグに、ベツバラのガトーショコラ。
大満足です。でも、お酒がもっと飲めたらな~。
一品350yenからと、とてもお財布にも優しいバーです。
お酒が飲めたら、階段下りてちょいちょい飲みに行ってしまいそうなお店・・・。

b0209976_16282331.jpg


Hさんとは、同年代の同性で、何よりイギリス好きのイギリス繋がり。話も、尽きません。
イギリス料理を研究してある(ある意味、貴重な存在です)Hさんのブログを知ってから、
不思議なご縁で実際お会いできるようになりました。
自分の知らないイギリスをたくさんご存じだし、イギリス滞在時の話や、
興味深いお話もたくさん。
とても楽しい時間であっという間でした。

イギリスのお料理やお菓子について造詣が深いHさんのblogはこちらです↓。
イギリスの食、イギリスの料理
自分もこちらのblogで、レシピやイギリス情報をいろいろ教えてもらっています☆

Hさん、遅くまでありがとうございました~。楽しい夜でした☆



                          ●bar a vins TANGA/バル ア ヴァン タンガ
                            福岡市中央区薬院2丁目13-20榮ビル薬院2A
                            092-726-1313
                            OPEN 15:00~26:00/火曜定休   

 

[PR]



by piskey | 2011-11-15 16:15 | 福岡のお店

箱崎の一日*ハコイチと喫茶去さん

昨日は、箱崎のてづくり市">「ハコイチ」へ初出張でした。

ハコイチは、毎月1回の箱崎にある古い町屋と昭和のビルにて
行われているいろんなジャンル作家さんが集まる手作り市です。

制作エンジンが2~3日前から急激にかかりだしたので(早くかかってれば・・・)、
ちょっと寝不足気味でしたが、「ハコイチが終わったら帰りの足でご褒美を・・・。」
と思いつつセッセとチクチクしていました。

初めてのところは、やはり緊張・・・。
右隣りは、八女の陶芸家さん、左隣りは飯塚の木工家具屋さん☆
b0209976_19463296.jpg
b0209976_19464353.jpg

                             ↑お隣のかわいいお家型の小物入れがツボ

しかし隙さえあれば、ウロウロ買い物に走ってしまいます・・・。
b0209976_19473536.jpg

癒しのアクセサリー、sesse+さん。
ご自宅のお花を加工されてあります。
また、どれにするかすっごい悩みました・・・。すみません。
b0209976_19475067.jpg


b0209976_194899.jpg

↑ハコイチの人気者、しろくまのタツオくんのこぐまや洋菓子店さん。
また買ってしまいました・・・。
b0209976_19514313.jpg

好きなだけ試食をさせてくれる(笑)大盤振る舞いの、かりんとうのしろさん。
いろんな味があって、どれも美味しかったです。
こちらももお買い上げ~。あぁ、出展しているのに物欲との闘い・・・。
落ち着きなく、隙あればウロウロして、出展者さんといろいろお話させてもらったり、
物色したり、違う意味で忙しい自分・・・。
周りの方は、椅子に座って静かに針をチクチク刺繍されてたり・・・。憧れます!

b0209976_19483087.jpg

とても素敵な昭和のビルです。
b0209976_14394136.jpg

緊張しながらも、いろんな方とお会い出来た楽しい手作り市でした。
いろいろ、お声かけて下さったみなさま、差し入れいただいたり、ありがとうございました・・・。
産後間もないハコイチ夫妻、お世話になりました☆

そして、自分が終わったらご褒美~と楽しみにしていた喫茶去さんへ。
b0209976_1440976.jpg

インテリアも少しずつ季節のものに変わってあって、ステキな空間。
こちらで、ハコイチに来てくれていた友人のUちゃんとNさんに合流できました☆
b0209976_1456532.jpg

今朝、お隣で見た陶器がさっそく飾ってありました☆さすがです。
違和感なく、とっても馴染んでいます。
b0209976_1440538.jpg

フルーツティのアイスをいただきました。
グラスでカランカランと響く氷の音に、ほっと癒されました。
b0209976_14411350.jpg

センスの良い器でいただく、至福のお茶の時間です。
b0209976_14412798.jpg

喫茶去さん、大荷物で、大変失礼いたしました。
もうすぐしたら、クリスマス装飾で満載になるそうです。楽しみです。
それまでにまた行かないと~。



                ●ハコイチ-箱崎てづくり市-  ・・・   HP
                ●喫茶去(きっさこ)さん
                 福岡市東区箱崎3-13-16 /092-215-0016
                 OPEN 11:00-18:00 火曜/第2日曜定休  

   
[PR]



by piskey | 2011-11-14 19:37 | 福岡のお店

アンティークタイル

陶器製の15cm角のアンティークタイル。

ヴィクトリア時代に、一般家庭の住宅の暖炉・キッチンまわりのインテリアとして浸透して、

たくさんのメーカーやデザイナーが競って美しいタイルを作りだしました。

自分も、渡英の度に目に触れるごとに、さまざまなデザインや製法、

色合いや美しさに魅せられてきました。

b0209976_12475136.jpg
b0209976_12485100.jpg

⇈茶色のフラットなデザイン。
18世紀半ばに銅版転写の技術が確立されて、量産されるようになりました。
b0209976_12482163.jpg

こちらは凹凸のある多色使いの、シックなデザインです。

b0209976_12483598.jpg

↑↓2枚はアールヌーヴォーの流線的な模様が特長的です。
貫入の美しさも特筆すべきかも。
b0209976_12503653.jpg


時代によって、製造方法、デザイン、色調がさまざまです。
リボンのモチーフやアールデコの影響がみられるタイルも。
b0209976_12514353.jpg
b0209976_12521252.jpg


幾何学模様や草花模様、ミントン社、モリス、モーガンが作った美術品級の
タイルもたくさんです。
これらは、V&Aミュージアムで拝むことができます。
リバティロンドンでも、アンティークタイルが張られたコーナーが残っています。
(船を解体して建てられたデパートなので、どの部分だったのでしょうか・・・)


思い返すと、イギリスでフラワーデザインを習った頃、タイルのコレクターの方に
会う機会があり、それこそミントン、ウエッジウッドなどのアンティークタイルをたくさん
見せてもらったことがあります。
そのころは、「へえ!」程度の感覚だったので、今にして思うと、もっときちんと
見て、話を聞いておくべきだった~と、思わずにいられません。
何がどう繋がるか、わからないものだけど、その時にたまたまタイルに出会ったのも
ご縁だったんだろうな~と思います。

15cm角につまったそれぞれの時代の技術とアートデザイン。
当時のそれぞれのタイルが張り巡らされた暖炉や、リビングのインテリアを想像して
しまいます。


小さいようでも重量はずっしり。
気に入ったものがあっても、たくさん持ち帰れないのが悲しいところです。
[PR]



by piskey | 2011-11-11 13:26 | 英国アンティーク

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧