英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

カテゴリ:英国旅日記( 92 )




●spring 2013買付け日記*大回顧展「David Bowie is」@V&A

・11/04/2013

6:30起床
ホテルのイングリッシュ・ブレックファスト。

おなかを満たして、最後の一日始まりです。

8:30過ぎ、最後のアンティークハントへ。
b0209976_1647491.jpg

↑並べているだけで、絵になります。絵ですけど・・・。

最後の最後に、シェリーのティーセットを発見!恐ろしい重さの手荷物が確定しました。
紙もの、ボトルやテディベアなどなども。
b0209976_1642313.jpg


↑いつも紙もの屋さんにいる毛むくじゃらのワンコ。


ホテルに戻って、最後のパッキング。スーツケース、何キロになっただろ。リュックもパンパンです。

チェックアウトを済ませて、荷物をフロントに預かってもらって、V&Aへ。

前年に開催が決定してからとても楽しみにしていた、

デヴィッド・ボウイの初の大回顧展。「David Bowie is」


b0209976_16464721.jpg


↑幕には、「David Bowie is here」と書いてあります☆

開催前から、オンラインでのチケット販売は早々に会期中分がsold outになる
大人気ぶり。V&Aのチケット販売の記録を打ち立てたそうです。


b0209976_16472046.jpg


前々日に奇跡的に入手できた、予約券

11:15のチケットを握りしめて、列に並びます。

b0209976_16484781.jpg
ワクワク。

b0209976_16491660.jpg


shopを横目にワクワク。帰りのお楽しみです。
b0209976_16494059.jpg



もちろん中は撮影NGだったのですが、濃ゆく凄い充実度。

前評判も高く、本当に半年前から楽しみにしていたので、

行けて良かった×2です。



入口でヘッドセットが配られて、音楽とともに、

10ケ月の赤ちゃんのデヴィッド・ボウイの写真から、

初めて祖父から贈られたというサックス、

「デヴィッド・ボウイ」誕生のレコード会社からの通達書や、

代表曲の数々の衣装に自筆の歌詞、

ツアーステージのスケッチなど300点の展示、

出演映画の上映などなど・・・書ききれません。




山本寛斎さんが手掛けた衣装も数多くありました。

「出火吐暴威」(デヴィッドボウイ)の大きな名前入りとか・・。

スターマンのボディスーツが、

リバティプリントの生地を使用していたのも、感動。



今は亡き、アレキサンダー・マックイーンがデザインした、

ユニオンジャックのスーツも実物を

見ることができました。↓こちらですね。お借りしました。

細部まで作り込んであり、凝視。


b0209976_21352371.jpg








b0209976_176467.jpg


ただ、モノを並べるだけではない体系的な見せ方、

展示の方法が圧巻でした。


V&Aのキュレーターの腕の高さ、デヴィッド・ボウイ愛、

プロデュース力を見せつけられた感じです。




ビル2.5階分位ありそうな、吹き抜けのライブ会場を

そのまま持ってきたようなコーナーが圧巻でした。

老若男女みんなノリノリで、クラブ⁉︎と思うほど。

博物館の中というのを忘れそうでした。



エキシビジョンに集う、様々の国籍の、

様々な10代から恐らく70代位までの人人人・・・。



その人誰もがDavid Bowieが大好き!!!という目をしていて、

愛にあふれた本当に心から楽しい空間を共有できました。

こんなに幸福感を味わえるエキシビジョン、

初めてだったかもしれません。


気が付けば、たっぷり2.5時間もいてしまいました。

もっともっと見て聞いてその世界に浸っていたかったです。

b0209976_17113372.jpg



開催は、8/11までです!

米国での巡回が決まったようなので、日本にも来ないかな~と期待します!

あぁ、今回の買い付けのご褒美をもらったようでした。


初めてこちらで病院にかかったり、

ちょっとしんどい買い付けでしたが最後に救われました。



英国好きになったきっかけは、このお方に15歳位の頃に出会ったからでした。


この後は上階の食器のコーナーに行って、お勉強を。
展示がまた進化していて、興味深い内容がたくさんでした。


b0209976_17271496.jpg


V&Aの中庭。


今、紫陽花が見頃でしょうか。こちらの紫陽花、ピンクと紫で本当に綺麗です。



ようやく今回の買付け日記も終了です。
b0209976_17314855.jpg


おつきあいくださったみなさま、ありがとうございます☆
b0209976_17321074.jpg


b0209976_17322318.jpg




V&A 「David Bowie is」 HP
様々なコンテンツから動画や関係者のインタビューなど見ることが出来ます☆


Victoria and Albert Museum
Opening times
10.00 to 17.45 daily
10.00 to 22.00 Fridays

[PR]



by piskey | 2013-07-09 16:40 | 英国旅日記

●spring 2013買付け日記*ケンジントンへ

•10/04/2013 PM

リバティから地下鉄で、サウスケンジントンへ。

b0209976_20163194.jpg

目的は↑、昨年から開催が決まって楽しみにしていたこちらのV&A(ヴィクトリアアルバートミュージアム)の
エキシビジョン、デヴィッド・ボウイの初めての回顧展、「David Bowie is」です!
b0209976_2030767.jpg


地下道に張り巡らされたポスターに、テンション上がります。

V&Aへ行く前に、ブロンプトンロードをちょっと散策です。
b0209976_20202097.jpg


パブやおしゃれスイーツのお店が立ち並びます。
b0209976_20214348.jpg


いつも賑やかなウィンドウの「COCOMAYA」さん。
b0209976_20293017.jpg
b0209976_20294550.jpg

いつかゆっくり奥のカフェでくつろぎたい~。


b0209976_20231165.jpg

↑英国らしいシュガーケーキ。

キッチン用品が店内にぎっしりの「Divertimenti」
b0209976_20241679.jpg

英国料理研究家のHさんから教えていただいたお店です。
b0209976_20242943.jpg

高級住宅街でもあるので、お客さまもセレブっぽい方がちらほら。
フライパンや鍋から、カントリー系のキッチン雑貨や、フランスやイタリアのキッチン用品、
b0209976_20243826.jpg

イタリアの食材や、地下にはキッチンシステムも販売。しゃれとう!
キッチン雑貨のお店は楽しいですね。

この通りをまっすぐ行くと、ハロッズに着くのですが、行った試しがありません・・・。
ハロッズは、最初の旅行と、留学中の2回しか行ってないような。
ハロッズにはリバティプリントもちゃんと販売してあって、さすが!と思った記憶が。

ブロンプトン通り、サウスケンジントン方面もおしゃれなお店がいっぱいです☆

いざ、目的地へ。
b0209976_20354041.jpg

「David Bowie is here」の垂れ幕が。

いつ来ても美しいV&Aのエントランス。
b0209976_20365069.jpg

チケット売り場へ行くと、「David Bowie is」の当日券は完売の立札が・・・。
やはり。8月までの開催なのに、事前の予約サイトでも、チケットは全て売り切れだったので、
果たして、行って見られるかな~と思ってはいたのですが。

売り場のお姉さんに尋ねたら、今日の分はもうないけど、明日以降のチケットは
予約できるとの事。「明日出国なんですが」、と伝えたら、丁度午前中のチケットが
まだあるとの事!

11:15分に入場してねとのこと。

怪しいマスク姿の私に、優しいお姉さん、ありがとう。

窓口で聞いて分かりましたが、人数制限するために細かい時間制で、チケット販売が。


b0209976_20233318.jpg

今回の買い付け、寒さにはたたられましたが、まだ運は残っていたようです☆
嬉しい!!
[PR]



by piskey | 2013-06-30 20:47 | 英国旅日記

●spring2013買付け日記* リバティへ LIBERTY LONDON

•10/04/2013 AM

旅も終わりに近づいて。リバティへ行かなければ!

b0209976_21202528.jpg


やはり真っ先に行くのは、手芸のフロアです。
b0209976_21213770.jpg


でも今回も、前回選んだもののまだ手つかずのタナローンがたくさんあるので、「セーブ!セーブ!」と言い聞かせながら・・・
b0209976_21204778.jpg



b0209976_2121395.jpg

テンション上がります☆
b0209976_21211817.jpg

んが、オンラインで見ていた今年の春夏のコレクションの、欲しい生地はどれもsold outで在庫が無い様子・・・。シュン。

きっと、買っちゃダメという事ね、と勝手に納得しながらも、やっぱり厳選の中から数種、数メートル
選んでしまいました。
マスクをしたままの完全な東洋の不審者の自分に、店員さん、とても親切です。涙。

b0209976_21232821.jpg

いつも欲しいと思うリバティ地が貼られたアンティークのボディ。
b0209976_21234090.jpg

ソーイングボックスも種類が増えてました!
b0209976_21283390.jpg

糸、毛糸もたくさん☆
b0209976_21284618.jpg

「Wool」を「Cool」にかけてある・・・。
b0209976_212911.jpg

b0209976_21314957.jpg

靴やバッグやコスメ、アクセサリーみたいコーナーはたくさんだけど、後ろ髪を振り切って
次の目的地へ。


エントランスのフローリスト、「Wild at Heart」さん。
b0209976_2132525.jpg
b0209976_21322544.jpg
b0209976_21324495.jpg


そしてもうすぐ、今年の秋冬のコレクションが出るのですよね。
リバティ地獄は終わりそうにありません。
[PR]



by piskey | 2013-06-21 21:37 | 英国旅日記

●spring 2013*大英図書館へ/The British Library

•0904/2013 PM

病院からの帰り道に、セントパンクラス駅近くのThe British Libraryへ。

b0209976_165742.jpg

大英博物館からの分館で、1998年に作られた国立の図書館です。
b0209976_17538.jpg

まだとてもきれいな施設です。
館内は吹抜けで、階段を上がると、圧巻の四階建て以上ありそうな、四方がガラス張りの書庫が。
b0209976_165955.jpg



b0209976_17078.jpg

ドーン!装丁を眺めるだけでも美しいです。


b0209976_1763.jpg

地下には、更に巨大な書架スペースがあるらしく、所蔵は数十万冊?数百万冊?

図書館ですが、展示室、カフェもあり、たくさんの人が、いたる所で勉強や読書、調べ物を。
リーディングルームので利用、図書の貸出しは登録が必要でしたが、無料の展示コーナーはお宝満載で見応え十分です。

b0209976_17223.jpg

地下の展示コーナーには、印刷技術の変遷の展示も。活版印刷、凝視しました!

二階の特別室には、マグナカルタ(世界史の遠〜い記憶が…)、ダヴィンチ、ミケランジェロ、シェイクスピア、コナン•ドイルの直筆のものから、世界の紙もの、著名な書籍、日本の平安の絵巻物、池坊の家伝書までありました。さすがのコレクションです。
b0209976_17358.jpg


それから、ビートルズコーナーが☆ジョンやポールの直筆の作詞たち。
ジョンの「ミシェル/Michelle」を書いたものは、走り書きのような筆致です。
直筆の歌詞を目で追いながら、曲も聞けるようになっていて、目と耳でビートルズを噛み締め。
b0209976_17483.jpg

shopコーナーも、アリス、オースティン、シェイクスピアにまつわるオリジナルグッズも充実。

地下には、クロークがあり、コートや荷物を預かってくれるので、ゆっくり利用できました。


本好き、英国作家好きのみなさん、穴場でオススメです!


•The British Library
96 Euston Road
London
NW1 2DB
[PR]



by piskey | 2013-06-16 22:08 | 英国旅日記

●spring 2013 *買付け9日目

・0904/2013

4時起床。始発を乗り継いで、今日は郊外のアンティークフェアをめざします。
b0209976_14394552.jpg

新聞、タブロイド紙はサッチャーさんの訃報が一面に。

早起きして、ダッシュしたにもかかわらず目の前で扉が閉められて、乗り遅れ…。
b0209976_14394695.jpg

小雨も降るし、マスク付けてるせいで、メガネがくもる、くもる!
うぅ、先に屋内のモールを攻めてから、屋外のストールも回りましたが、完全に集中力が事切れた感じです。

でも、おサルやぞう、テディベア、ティーカップやいいもの色々70点ほど見つかりました☆
b0209976_14394854.jpg

お昼前に切り上げて、ここ数日付けているマスクの原因を診てもらうために、シティ近くの病院へ。

b0209976_14394923.jpg

黒塗りのタクシーは、完全な個室仕様です。

初めて海外で病院にかかりましたが、保険に入っておいて良かったと痛感。
電話でデスクの方が、迅速に病院の手配をして下さいました。
b0209976_14395092.jpg

イギリスに来てからの首から上の肌荒れからの炎症の悪化で、両頬がただれるほど。
夜も痛くて眠れない程だったのです。

親切な先生に診てもらえて、気持ちが落ち着きました。

先生からも「予定もおありだろうけど、免疫も落ちてるだろうからなるべくキャンセルされて、
睡眠をとって、安静にされたほうが。」とのこと。
原因はハッキリしないですが、もともと肌が弱い上、連日、極度に乾燥した刺すような冷たい風に
さらされたせいかもしれません。天気予報でも毎日スーパードライ注意報が。
イギリスに着いてからは、いつも使っている保湿剤も全然効かないほど、全身カサカサでした。涙。

マスク姿はイギリスでは皆無なので、本当に目立ちます。こどもにもたくさん指差されました。涙。

めげないぞ。
買い付けも残り数日、ちょっとスローペースで。
[PR]



by piskey | 2013-06-14 14:09 | 英国旅日記

●spring 2013*買付け8日目

・0804/2013

7:00起床。

今朝の朝食はパンケーキが選べました☆新鮮。
b0209976_21281547.jpg

ソーセージに目玉焼き、ミューズリーにフルーツ、ヨーグルト・・・。
段々と朝から油ギッシュなベーコンやソーセージがしんどくなります。
もう一週間経つと、ボリュームたっぷりなイングリッシュブレックファストももう満腹です・・・。

今日は荷物の集荷が11:00-13:00の間に。
11:00までに戻って来れるように、1軒アンティークマーケットへ。
b0209976_21285694.jpg

少しどんより、まだまだ寒いロンドン。
この寒々しい大木、モチモチの木のよう。
b0209976_2129565.jpg


バタバタ買付けを終わらせて、集荷スタッフさんとホテルの入り口で遭遇!11:00前なのに、早い!
ダッシュで部屋に駆け戻って、無事に引き渡し。

午後からは少し休憩。夕方、ディーラーさんとの待ち合わせの為、イーストロンドンへ。

b0209976_2132563.jpg

オリンピックパーク跡地に連れてきてもらいました。
競技場が遠くに見えるの分かりますか!?

選手村もあった所で、Westfieldという、巨大なショッピングモールになっていてビックリ!。
ディーラーのMさんが案内して下さらなかったら、きっと行くことのなかった場所です。
b0209976_21321342.jpg

画像ないので、巨大さは伝わりませんが、お買いものや食事をするには十分すぎる場所でした。
Mさんと、カフェでお茶しながらお喋りを。
自分の英語力のなさにうんざりしながらも、楽しい時間でした。

b0209976_21322142.jpg

ジャパンセンターも進出していて、「Umai」というお店が。
ロンドンはsushiに続いて、ramenがキテいる様子です。

Mさん、忙しい中、誘って下さってありがとうございました☆

帰りの号外でサッチャー元首相の訃報を知ったのもこの日です。
[PR]



by piskey | 2013-06-07 21:40 | 英国旅日記

●spring 2013 *英国買い付け7日目

•PM 0704/2013
午後からは別のヴィンテージのファッションフェアへ。
b0209976_18312079.jpg


シティホールに溢れんばかりの人と、ヴィンテージファッションのアイテムが☆

b0209976_18312151.jpg

大盛況で、熱気でコートを着ていると汗ばんでくるほどです。
b0209976_18312428.jpg


洋服がメインのヴィンテージフェアですが、アクセサリーや小物類を持っているディーラーさんもたくさんで、目移りしてしまいます。
b0209976_18312286.jpg

そしてオシャレなヴィンテージファッションに身を包んだ、お客さん、ディーラーさんもたくさん☆

b0209976_18312387.jpg

後姿ですが、オシャレな恐らく60代位の素敵なマダムです。

臨時の試着室も大荒れに…。

自分はというと、ブローチやリング、ビーズバッグに皮バッグ、手芸用品、タッセルにスタンドミラー、ランドリーBOX(大きて重かった!)そしてテディベアたちにも出会えました☆

でも人混みと熱気でクタクタに。

メイド姿の給仕さんがいる、出張ティールームで休憩したかったのですが、こちらも大行列であきらめました…。

b0209976_18312580.jpg


両手と背中に戦利品を担いで、重さで身長がまた縮みそうに…。

帰って荷解きをすると、疲れも和らぎます☆

b0209976_18312621.jpg


でもでも、翌日のAMに荷物の集荷が。この日も徹夜で書類作成と、梱包、梱包・・・。
[PR]



by piskey | 2013-05-30 18:12 | 英国旅日記

●spring 2013 *英国買い付け7日目

•AM 0704/2013

快晴!
b0209976_1946362.jpg


ですが、気温は相変わらず上がらずの朝。
今日もみっちり二つのフェアを巡ります☆
b0209976_19463554.jpg

お花屋さんだけが春です。

ヴィンテージフェアの売主さん。
b0209976_19463737.jpg

誘惑もまたまた多いですが、
b0209976_19463741.jpg

状態が良いヴィンテージのブローチたくさんと、スカーフなどなど。

b0209976_19463973.jpg

b0209976_19464055.jpg

b0209976_19464151.jpg



そして約束をしていたディーラーさんにお会いして、ストールをたくさん☆
Mさん、ありがとう♪

ホテルへダッシュで荷物を置きに戻って、軽く腹ごしらえを。マズイとわかっていて、手を出してしまったsushi。

b0209976_19464233.jpg

お米が固っ!でも醤油差しに、地味に感動しました。

ここ数年で本当に回転sushi店、増えてます、増えてます。



まだまだ、ハンティング続きます。
b0209976_19463832.jpg

[PR]



by piskey | 2013-05-23 19:28 | 英国旅日記

●spring 2013 *英国買い付け6日目

●0604/2013
今日もマーケットを二ヶ所巡るスケジュール。

快晴です☆

b0209976_17462433.jpg

でも相変わらず気温は6℃位です。

地下鉄のワンコ。
b0209976_17462517.jpg

飼い主さんと目が合って、パチリさせてもらいました。飼い主さんに、お顔が似ている…。

朝一のアンティークマーケット。じーっくり、また大量のボタンを買い付けてしまいました。ブローチやピアスなどのアクセサリーも。

二ヶ所目は、ヴィンテージファッションフェア開催!というので、行ってみたところ、


ヴィンテージもあるけど、違うブースも多数。
b0209976_17462625.jpg

ハーブいっぱい☆

b0209976_17462758.jpg

お菓子いっぱい☆


b0209976_17462854.jpg

アーティザンなパンもいっぱい☆
b0209976_17462943.jpg


とてもとてもキュートなカップケーキもいっぱい☆

b0209976_17462999.jpg

画像では分かりづらいですが、バラのクリームはラメ入りでキラッキラしてました。
b0209976_17463076.jpg

お若いカップケーキ職人さん、NYで修行されたそう。
ディスプレイもヴィンテージの食器や小物を使っていて、とても素敵でした♪


いや、ここはヴィンテージフェア。
横道への誘惑を断ち切って買い付けせねば!
でも思いの外、欲しいと思うテイストのものがなく、今回のフェアは外れでした。涙。

旅も折り返し、ちょっと量的には少ないので不安になりつつ。

でも、スカーフは良いデザインのものを10枚ほど。
それから美人なコトリちゃんたちも☆

b0209976_17463184.jpg


大切に大切に梱包します。
[PR]



by piskey | 2013-05-17 17:23 | 英国旅日記

●spring 2013買付け日記*ポートベローマーケット

●0504/2013
一向に進まない買い付け日記です…。

巨大焼き魚を食したせいか、時間・体力ともあったので、久しぶりにポートベローマーケットへ。

b0209976_2034946.jpg


といっても金曜日なので、開けているアンティークのお店は少ないです。

留学中を含めて、10年位前まではよく行っていましたが、近年は観光地化著しくて、
すっかり足が遠のいてしまっています。


b0209976_2035068.jpg

生鮮食品や生活雑貨、植物もたくさんです。
たくさんのストールが軒を連ねています。

b0209976_2035178.jpg

そして私の口をあんぐり、させたのはこちらのおじちゃん、お兄さんたち…。
b0209976_2035279.jpg


ストリートミュージシャンならぬ、エアギタープレイヤーという…。
ギターは、ピンク色のコドモ用のおもちゃギター…。
結構なヒドさ…。

b0209976_2035373.jpg

しかも、寒空なのに裸足…。もう絶句。

音楽に合わせてノリノリなんですが、いささか周囲をますます寒くさせていたような…。

↑今見返すと、カフェの窓辺のお兄さんの視線も冷たいような。


通りでは、可愛い子供服や、アンティークの鉛の衛兵さんを発見です☆


早朝から長い一日、ホテルでひたすら戦利品をチェック、梱包です。
[PR]



by piskey | 2013-05-13 19:45 | 英国旅日記

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧