英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

カテゴリ:花( 30 )




万年青 * お正月のいけばな

お祝いの場に活けるいけばな。

万年青と書き「おもと」。

濃い緑の葉が冬の寒さにも色を変えず、青々としていることから

名がついたそうです。

b0209976_13372462.jpg


自然の姿のように、立ち上る葉には新しい葉を用いて、

外に広がる低い葉には古い葉を使います。

b0209976_13374617.jpg



常緑と赤く結んだ実。

結婚祝いや新築祝いとして鉢物を贈ったりすることがあります。


みなさんの新しい一年のご繁栄を願って・・・。

秋から始めたブログですが、たくさんの方に来ていただいて

ありがとうございました。

どうぞみなさん、良いお年をお迎えくださいね。
[PR]



by piskey | 2010-12-30 13:40 |

ボケと呼ばないで * 今週のいけばな

好きな枝もの。
「木瓜」と書いてボケ。

バラ科の花木で枝には棘もありしなやか、花はふっくら
丸くてやわらか。
花色も淡い桃色からはっきりした紅色までさまざま。

b0209976_22381093.jpg


今週はボケとアイリスの二種生け。
花の紅色とアイリスの青が目に鮮やか。

b0209976_22385267.jpg


b0209976_2239408.jpg


池坊で、曲線をいかしたボケの一種生けは本当に美しい姿。

それなのに、「ボケ」という間の抜けた名称でかわいそうな
花木。この名前できっと損してると思われます。
[PR]



by piskey | 2010-12-18 22:44 |

水仙のように

今週のいけばな。

池坊のお家芸と呼ばれる、水仙の一種生け。
簡単に思えるのですが・・・。

水仙の根もとについている白い「袴」と呼ばれる部分を、破らないように
ゆっくり外して、葉と花をいったんばらします。
b0209976_12161847.jpg
 
                                  ⇈バラバラに・・・

そして、再度一番きれいな形に葉を組みなおします。
花も一輪だけ残して形を整え、葉と一緒にまた袴に入れます。
b0209976_12164320.jpg

                                  ⇈袴です

自然のありのままの姿に見えて、人の手を加えて美しい姿に。
b0209976_1215491.jpg


年に一度のお稽古ですが、水仙の日は花姿のすっとした様子に
こちらの背もシャキッと伸び、気持ちも清々しくなります。

お花は地味ですが、芳香と凛とした立ち姿がとても好きです。
「あなたもシャンとしなさい。」と言われているようです。

イギリスでは、こちらの日本水仙ではなくて、ヨーロッパ品種の
ラッパ水仙のような大きな花弁のものを春先の庭でよく見かけます。
[PR]



by piskey | 2010-12-11 10:55 |

今週のいけばな

今週の生花。

・ツルウメモドキ
・スプレーバラ
・カアクリコ

b0209976_23172651.jpg




b0209976_23175926.jpg

ツルウメモドキ。この後リースをつくりました。
[PR]



by piskey | 2010-11-20 23:18 |

珊瑚水木

    *今週のいけばな*

・珊瑚水木
・オクラレウカ
・オンシジューム

b0209976_2140505.jpg


珊瑚水木はこの時期に出回る枝ものです。
洋花では、クリスマスのアレンジにもよく使われます。
タメがきいて、曲げても折れにくいので、
リースにもおすすめの素材です。

b0209976_21412255.jpg

緑色だった枝が、秋になると珊瑚色に色づきます。
[PR]



by piskey | 2010-11-02 21:42 |

クロチク

急に冷え込む日が続きます。

今週はちょっと珍しい花材が届きました。

**今週のいけ花**
 ・クロチク
 ・ソケイ
 ・バラ(バラよりは、和花のほうがしっくりきます)

b0209976_20103072.jpg


クロチクは、ススキにもパンパスにも似ています。
晩夏の花材なので、普段はもう少し早い時期に出回ります。
先端の黒い穂が、いい味だしてます。

b0209976_20111542.jpg

[PR]



by piskey | 2010-10-28 23:13 |

いけ花 / 池坊展

毎年秋になると巡ってくる楽しみな華展。

池坊が全国で開催している中で九州の展示です。
福岡の岩田屋で毎年行われています。

宗匠:池坊専永さんの作品は、年々舞台装置のような
大がかりなものです。とてもカメラには収まりません。
2m以上ある大作です。

今年は、ストーリーとともに、とても幻想的な作品。

b0209976_2137152.jpg



b0209976_21372769.jpg


松などを用いた立華。古典的な作品はやはり惹かれます。
お稽古精進しなければ。
[PR]



by piskey | 2010-10-23 21:38 |

ローレル

*今週の生け花 3種いけ
b0209976_17203649.jpg

・真:ローレル
・副:カアクリコ
・体:バラ
b0209976_1721485.jpg

珍しいローレルの色づいていないグリーン色⇈が入荷。
実がコロンとかわいいです。

来週は岩田屋で池坊華展が行われます。
10/20~10/25 福岡岩田屋7階
自分のお師匠も出品されるので楽しみです。
[PR]



by piskey | 2010-10-14 17:28 |

秋来ぬと

すっかり朝晩は冷えを感じる今日この頃。

「 秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 

               風の音にぞ  驚かれぬる 」
                  
                         詠み人知らず

毎年初秋に心の中でつぶやくうた。
今年は残暑が続きで、秋の風を感じるのが本当に遅かったです。


***今週の生花***
・ナツハゼ
・カアクリコ
・ホトトギス
b0209976_21424893.jpg


b0209976_21431471.jpg

              ホトトギス↑猛暑の影響でお花の生産者さんも大変だと思います
[PR]



by piskey | 2010-10-04 21:29 |

継続は力なり?


生け花を十数年習っています。

きっかけは、これもまたイギリス留学中に向こうのマダムたちから
「IKEBANA」ができるかどうか、よく聞かれたためです。

ヨーロピアンのフラワーアレンジは習っていたものの、
自国の文化には自覚も知識もなかったため、恥ずかしい
思いもし、その反面、関心の高さに誇らしさを感じました。

生け花の流派は数百あるとも言われますが、
帰国して、たまたま地元の百貨店で「池坊」の華展を
見る機会がありました。
その時に、池坊宗匠の池坊專永さんの作品を見て
感動をし、門戸をたたくことになりました。

室町時代から伝わる水仙、カキツバタ、万年青の1種活け
など、昔400年前の人と同じ花を同じ様式で活ける感覚は
とても面白く思います。
シンプルな花材で凛とした美しさがあります。

師匠のような「黄金の手」を持つまでには、あと数十年?
ながい道のりです。


今週の「生花」
・ススキ
・女郎花(オミナエシ)
・リンドウ
b0209976_2218335.jpg



リンドウの淡いピンクが秋の趣に色を添えます。
b0209976_2218322.jpg

[PR]



by piskey | 2010-09-23 22:10 |

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧