英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

カテゴリ:リバティ/てづくり( 38 )




リバティとレザーでipadケース♪

tさんに上質の革素材をいただいていたので、リバティプリントと合わせて夜中に作りもの。

b0209976_18205067.jpg

リバティプリントは、茶系好きにはたまらない、「Toria/トリア」です。
茶色の花柄、リバティでは数少ないのでお気に入りの柄です。

明るい茶色の革にぴったりでしょうか。
b0209976_18205496.jpg

もう引っ掻きキズがついてしまいました…。

b0209976_18205318.jpg

リバティとハーフリネンに、キルト芯を入れてふんわり。

b0209976_18205516.jpg

革を初めて、ミシンで縫ってみたのですが…。

歪みが気になってほどいて、縫い直したら、穴だらけに…。

b0209976_18205298.jpg


そして、痛恨のミスは、何とリバティの表と裏を間違えた!という…。

ウィルトシャーや、ペッパーなど、柄が細かいプリントは、表裏が分かりにくいので、いつも気を付けているのですが。中表にする時に間違えたみたいです。

チーン。
↑画像では分かりにくいですが、この面が裏になってしまいました…。

これ以上、穴だらけになるのも悲しいので、これで良しに。これはtさんにはお見せ出来ないかも。
夜中に思い付いてダダッて勢いて作ると、失敗します〜。

革の縫製も勉強したいです。






[PR]



by piskey | 2015-04-03 18:01 | リバティ/てづくり

リバティで試作☆

ちょっとお試し作り。

自分が好きなウィルトシャーとペッパーで。
b0209976_0464087.jpg

ヘアバンド⁈
最近では、カチュームと言うのでしょうか。
b0209976_046411.jpg

リバーシブル&両面を見せてクシュクシュ出来るよう3wayで作ってみました。
b0209976_0464217.jpg


ちょっとクシュクシュ、ギャザー寄せるにしても幅広かったかな。
b0209976_0464386.jpg


まだまだ改良の余地有りです。

リバティ、大好きなのに、似合わないのが致命的ですが、着けるとこんなです。


b0209976_046444.jpg

セルフィー、滅多にせずで、しかもアタマだけは撮れませんね…。
お目汚し失礼しました。

ちょっと試着続けてみて、ゴムの強度などまだいくつか試作を重ねたいと思います。



[PR]



by piskey | 2014-09-11 20:49 | リバティ/てづくり

リバティでシュシュ作り

リバティプリント。

柄の組み合わせをイメージしながら、印にあわせてひたすら裁断。

b0209976_1733210.jpg
20個作るので40枚ちょっとカット。

慎重に切り落えたら、
じっくり、二種類ずつを柄合わせ。

あっちがいい、こっちがいいと楽しく悩みます。

中表になるように重ねて縫い合わせ。

b0209976_1733957.jpg


バイアステープもカットして、それぞれの柄に合わせて組み合わせ。

b0209976_1733390.jpg


バイアステープの色味がアクセントに。


b0209976_17331038.jpg

テープを挟みこんで、
筒状になるように、ミシンがけ。


b0209976_1733460.jpg

表•裏の柄が違うシュシュに☆

ゴムを通して、通し口を縫い合わせたら、完成です。
b0209976_1733591.jpg


b0209976_1733623.jpg

バイアスの色、柄の合わせで、同じウィルトシャー柄も違う雰囲気に。
b0209976_1733731.jpg



b0209976_1733843.jpg


ちょっと秋色も作ってみました☆


こちらは、横に三種の柄を配分を変えつつ。


b0209976_1733139.jpg

レースをポイントに。
b0209976_17331263.jpg



組み合わせで、世界に一つしかないというとオーバーですが、自分だけのオリジナルが出来るのも、リバティのハンドメイドの楽しさです。




[PR]



by piskey | 2014-08-17 17:09 | リバティ/てづくり

ヴィンテージの待ち針

今月の筥崎宮蚤の市で出会ったもの。
b0209976_19122155.jpg

斜めお向かいのcloverさん。
普段多くははアメリカのヴィンテージや、味のある雑貨、衣料を扱ってらっしゃいます。

目が釘点けになったのは・・・
b0209976_19122243.jpg

昭和の待ち針です。
ソーイングには欠かせない相棒、でも探してみると待針のデザインって限られています。
今使っているのは、パールががついた、昔のお裁縫箱から持ち出した待ち針。
ずっと買い足したかったのですが、パールのものもあるようでいて、売ってなく。

現在よく売られている、ペタンコのビニールのようなお花の形の待ち針は避けたくて、
まさか蚤の市で出会えるとは☆しかもおそらく未使用品。

b0209976_19121783.jpg

樹脂の小さな4色のお花がついています。
b0209976_19121745.jpg

ケースはバラの形のデザインが。ROSE BLANDの刻印です。

b0209976_19121874.jpg

b0209976_19121937.jpg

早速使ってみましたが、これが・・・。
b0209976_19122039.jpg

違うのです、針をリバティに刺した感触が。
パールのよりもクッと、しっかり生地に吸い付く感じ。

見た目は普通ですが、侮るなかれな使い心地。
ハンドメイドの大切な相棒が増えました☆
そして、信じられないお値段・・・。cloverさん、ありがとうございました~♪

ついつい物色、買い物に走ってしまう蚤の市。これも出店の楽しみでもあります・・・。




↓お店にはまだお伺い出来ていないので、いつかお邪魔したいです☆

●clover  HP http://clover-house.jugem.jp/
福岡県大野城市大城5-3-24
  090-2587-0968
  火、水、木、金10:30~16:00
   (土 不定期)
[PR]



by piskey | 2014-04-25 19:35 | リバティ/てづくり

英国生地でティーコージー

今まで、バッグやがま口などを作っても、まだ残っていて、すっかり眠っていたローラ・アシュレイの生地。
b0209976_0184328.jpg


Nさんからおまかせで、ティーポットの保温用のティーコージー制作のご依頼いただき、作ってみました。

トーションレースを付けて。ちょっと歪んでる…⁉。

b0209976_0184478.jpg

厚手のキルト芯で、
b0209976_0183718.jpg

ふかふか。

いざ出来上がってから、このサイズでNさんのティーポットが入るのか心配に
…。

同じ位のサイズのティーポットをかぶせてみたら…。
b0209976_0183841.jpg

ちょうどいい大きさでバッチリでした

b0209976_018409.jpg




ティーコージーはこの時期、タジン鍋や取り分ける料理をいただく時にも、食卓でスポッと被せていたら、ずっと温かいまま中が冷えないので、ご飯タイムにも使っています☆
[PR]



by piskey | 2014-01-20 23:53 | リバティ/てづくり

リバティで、ファスナー付け修行中です☆

ここ二年近く、やらなくては〜と思いつつ、腰が重かったファスナーのミシン縫い。

ファスナー付けを習得すると、ハンドメイドの幅も広がるのですが…。

そして、テキスト本に沿ってきちんと作れない性格が災いして、かなり怪しい仕上がりに…。
ファスナーの頭の部分が合わずにボコボコ。
b0209976_14205139.jpg


レザーの耳(タブ)を付けたら、位置が逆…。
左手で耳を持って、右手でファスナー開けるはずが。
b0209976_1420459.jpg

↑左側に耳が付いてないといけなかった・・・。
リバティに接着心はあまり貼りたくないので、キルト芯挟んだら、さらに縫いづらく。
うーむ。
b0209976_14204769.jpg

内布は、グレイのリネンで。


ファスナー付けは、これで三回目。
まだまだ修行と、自分にあった作り方を学ばなければです。

がま口は、三回で挫折しているので、どうにか作り慣れたいところです。

でも、リバティ柄だと、少しテンション高めで制作出来ます!

b0209976_14204979.jpg

こちらの柄は、先月ロンドンに行っていたAちゃんからのギフトで、感激〜。
b0209976_14205087.jpg

唐草文にも見えるシックな柄で、とても好みです。

生地も仕事用になると、なかなか自分用のは、作らないようになってしまったので。
次は何を作りましょうか^ ^。

b0209976_14205284.jpg

こちらは、Aちゃんにお礼用の巾着を。

大切に使いたいと思います☆
[PR]



by piskey | 2013-08-23 13:54 | リバティ/てづくり

リネンのエプロン

普段使いの麻素材のシンプルなエプロンを、ここしばらく探していました。

ギャルソンタイプはあれど、胸当てタイプがなかなかなく。

イギリス滞在時もキッチン雑貨屋さんなどで探したのですが、結局出会わず…。

使っていなかったリトアニアのリネン地で、
b0209976_16381489.jpg

作れました☆
b0209976_16381655.jpg

首は手前で結ぶタイプです。

結びヒモは、裁断間違えて、左右の長さが違います…。
b0209976_16381929.jpg

幅130cmの生地で、110cm使用です。
シンプルな作りなので、裁断入れて、1.5時間ほどで完成です。
b0209976_16382146.jpg

縫い目はかなり怪しいですが、
自作は、丈、ポケットの大きさ、位置も好みに出来るのがいいですね。

今から、麻生地が洗う度にクタッとなっていくのが楽しみです☆
[PR]



by piskey | 2013-07-18 16:23 | リバティ/てづくり

レザーのスマホケースとヴィンテージボタン

b0209976_21421049.jpg

今年の鳥飼八幡宮のイベント出張時に、革細工のお店さんが販売されていた、袋一杯の革のハギレ。

わ~、いろんな上質の革がいっぱいで1.000円という、お祭り価格。
ということで、戦利品となりました☆が、すっかりこの数か月寝かせてしまってました・・・。
この袋を見るたびに、何か作りたいと思いつつ、ようやく着手。

と言っても、革は扱ったことが無く、道具も何もなし。
以前のハコイチでご一緒になった革細工職人さんから得た少ない知識で制作します!
いい色合いの、茶色の牛革で。
b0209976_21395944.jpg

スマホケースを作るため、直置きで切ります!
かぶせをつけたいので、丁度端っこが上にくるように。

少ない知識では、縫い線にあらかじめ穴を開ける!という事だったので、定規をあてて、
目打ちで等間隔にブスブス。

b0209976_21405784.jpg

糸も、ロウ引きとやらをするとの事でしたが・・・。ヴィンテージのしっかりした太番手の麻糸二本取りで。
ステッチもよく分からないので、頑丈そうに縫える、ブランケットステッチを。

とても力が要るかと思いきや、柔らかい革のせいか、普通の縫い針でスイスイ。
b0209976_21412442.jpg


果たしてこんなんでいいのかしら・・・と思いつつ、
b0209976_21553283.jpg


縫えました!

それからかぶせのポイントに、ボタンを。
ヴィンテージのボタン、どれが合うでしょう・・。

b0209976_21563470.jpg

↓こちらのマザーオブパールはどうでしょう。
b0209976_21573259.jpg

ちょっと浮きますか。

b0209976_2159856.jpg

↑こちらの形がユニークなヴィンテージボタンは、同化しすぎかな。

b0209976_21594525.jpg

↑いろいろ合わせてみて、ダークブラウンの立体的なヴィンテージボタンに決まりました。
開けるとこんな感じです。
b0209976_2201454.jpg

自分用はかなりいつも適当を楽しみますが、きちんと革細工の作り方習得してみたいです。
きっといろんな道具が欲しくなりそうです。

左側にハトメを打ってもいいかも・・・と思ったら、いよいよハトメの打ち具が欲しくなりました☆

b0209976_2203027.jpg


革職人さんに見られたら、怒られそうな作りです↑。
ハギレはまだまだあるので、他にも何か作りたいのですが、
革を扱うには、まずは道具から・・・、でしょうか~(^_^.)。
[PR]



by piskey | 2012-11-21 22:08 | リバティ/てづくり

リバティで見つけた王冠型のピンクッション


足を踏み入れると、血湧き肉躍る、いや心躍るリバティ。
b0209976_19233666.jpg


リバティプリント以外に小さなものもいくつか選んだのですが、
丁度ダイヤモンド・ジュビリーにちなんだアイテムも。

b0209976_19263354.jpg


王冠型のピンクッションです。パール付きのテープとクリアビーズがポイントです。
展開は2種類で、
b0209976_19261818.jpg

ブルーのHera Peacock と、
b0209976_19265711.jpg

Isanteの柄です。

お裁縫の時間が楽しくなりそうです☆
[PR]



by piskey | 2012-07-19 19:34 | リバティ/てづくり

リバティで木製のピンチ*リバティでハンドメイド

またしてもチマチマした作業ですが、リバティの残ったハギレも喜ぶ(!?)小さなアイテムです。


木製ピンチをリバティ仕様に。

メモ紙をはさんだり、タオルを留めたり、プレゼントにつけるメッセージカードを

留めたりと結構重宝しています。




b0209976_1742295.jpg


いろんな柄があるので、リバティはやっぱり楽しい☆
b0209976_17422135.jpg

[PR]



by piskey | 2012-04-20 17:43 | リバティ/てづくり

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧