英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

David Bowieを訪ねて@BRIXTON /ロンドン ブリクストンへ

・2016年6月

今回買い付けの最終日までに訪れたかった場所。

ロンドンの地下鉄の南北を走るヴィクトリアラインの最南端の駅、

Brixton /ブリクストン 。



地下鉄の階段を上がるとすぐに目に入る目的地のデパートが。



b0209976_21420449.jpg



その前に気持ちを落ち着かせて、目の前のお花のスタンドへ。


b0209976_21430963.jpg


たくさんのお花の中から、日本らしさが少しでも感じられるお花をひと束。


道路を渡って、デパートMorleysの壁面へ。




b0209976_22433853.jpg


2003年に描かれたDavid Bowieのアラジンセイン。





b0209976_21483477.jpg


まだお花もたくさん。

彼が亡くなった時に、夜通しこの絵の前で大勢のファンが

歌い偲んでいる映像を見て、飛んで行きたかった場所です。

やっと行けました。

b0209976_21435612.jpg


芍薬のお花を手向けて、

たくさんの愛の詰まった壁を見てじんわり。




b0209976_21455202.jpg


私も一言だけメッセージを。






それから、ハイストリートを北へ。

左に折れて、ブリクストンアカデミーを過ぎてさらに左折。

b0209976_21464116.jpg


通りの名前のプレートが。

着きました。

b0209976_22572167.jpg



40 Stansfield Road,Brixton, デヴィッド・ボウイこと

デヴィッド・ロバート・ジョーンズが生まれ、幼少期を過ごした場所です。




b0209976_21495791.jpg




テラスハウスが両側に続く、静かな住宅街。

番地が全てドアについておらず、ご近所の方に申し訳ない…と思いつつ、

訪ねたところ、「あぁ、あそこだよ。」と指差してくれました。


黒いドアの一区間でした。

b0209976_21515148.jpg

ここで小さなデヴィッド少年は近所の友人たちと遊んだり、

窓から顔をだしたり、

お母さんに叱られたりしていたのでしょうか…。


b0209976_21524765.jpg


生前、奥さんのイマンさんとお嬢ちゃんにも

自分が生まれ育った場所を見せたいと、NYから

家族を連れてここを訪れたという記事も出ていました。



どんな風に振り返っていたのでしょうか。



端から見ると、道路で涙ぐんでいるへんな東洋人です。


ごくごく普通のロンドンの小さな通り。

数軒は「売り家」の看板も。


いずれイギリスの著名人の住処の証し、

ブループラークが付くのかもしれません。


b0209976_21532820.jpg



駅への帰り道、学校帰りの子供たちとすれ違い、

キャッキャと笑う小さなデヴィッド・ボウイを妄想です。



b0209976_21540089.jpg



ここブリクストン。

とても馴染みのある町です。



留学していたその昔、ここから更に南の

アッパーノーウッド(クリスタルパレス近く)に住んでいたので、

セントラルに出るときは、3番のバスで通るか

ブリクストンで地下鉄に乗り換えをしていました。

b0209976_21504432.jpg

現在はおしゃれなお店やおしゃれマーケットがあり

その近年の激変振りに驚きです。


アーケード内のブリクストンマーケット。


日本食レストランまであります。


b0209976_21544975.jpg

留学時はイギリス人はおろか、東洋人すら全く見かけない

アフリカンカリビアンの移民街。


犯罪の多発地帯でここを通る時は、正直毎回緊張していました。

実際、ケンカにも遭遇したりドランカーに声を掛けられたり。


お花の学校に通い出した頃、たくさんの花を抱えて帰る東洋人は、

この町のバス停で完全に浮いていたように思います…。


なのでデヴィッド・ボウイの出身地と聞いて全くピンときませんでした。


彼が生まれた1947年はどんな町だったのでしょう。



ここ10数年でおしゃれスポットになり、

カフェでイギリス人がお茶をしている姿に時の流れを感じます。




b0209976_21553914.jpg

でもレゲエ音楽がかかる中、

露店には、見た事のない野菜や調味料、

アフリカの衣料品も並んでいたりの姿は変わらずです。





お宿に帰ってから、自分にもと2本お揃いの芍薬を部屋に飾りました。



b0209976_21570583.jpg



もうすぐお誕生日。そし一年が経ちますね。

一年あっという間です。



日本での「David Bowie is」もまもなく開催ですね。

もともとは当時、存命中のアーティストとして異例の

最大規模の展覧会ということもイギリスで話題となりました。

日本では違う意味の回顧展となってしまいました。。

b0209976_16494059.jpg

(2013年のV&A David Bowie is はこちらから☟)




ぽっかり開いた穴は埋まりませんが、

嘆き悲しむより、残した曲を聴いてくれとデヴィッド・ボウイも

言い残していたようです。










興行はこけてしまったようですが、初めて大きなスクリーンで

デヴィッド・ボウイを観た思い出の大好きな一曲です。











[PR]



by piskey | 2017-01-05 21:40 | 英国旅日記

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル