英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

●ナショナルギャラリー


休日の映画鑑賞。

やる事がたくさんで、映画を見ている場合ではない…と、

頭の片隅をよぎるのですが、

日中の一回上映で、行けるのはこの日だけ…。

行くしかないでしょう☺。



天神北のKBCシネマへ。

単館系の映画館、市内の貴重な一館。




b0209976_19354126.jpg



  福岡では、KBCシネマにて上映☆というのを昨年末に知ってから、

上映日を楽しみにしていたのでした。

b0209976_19354448.jpg
                   



そして、お客さまから、もう始まっていますよ、と教えられ、


危ない危ない、見逃す所でした。


ロンドンのトラファルガー広場にある、ナショナルギャラリーの中の人、

関っている人々と展示物を追った、ドキュメンタリー。

時系列なのか、一体誰なのかの説明、キャプションもなく、


館長、職員、キュレーター、ギャラリーツアーの担当者、


絵画の修復士、フレームの制作士、イベントの担当者、

内装業者まで、ギャラリーに関る人々の会話のみで成り立っている映画で、

最後を除いて一切のBGM、ナレーションなしで淡々と進行して行きます。

そして、絵画を見つめる入館者のまなざしもいろいろ。


あっという間の3時間でした。


美術品や埋蔵品、仏像などの修復士になりたかった…と思っているので、

(大学2年の時に美大を出てないと無理という事を知ったのでした…。時すでに遅し。)

とても興味深いシーンも多かったです。ネタバレするので書けませんが。



来場者を増やしたい、もっと多くの人に知ってほしいという職員と、

一般に迎合する必要があるのか!?という、館長さんのプライドの高さ、

恐れ入ったけど、英国らしさも感じました。



ナショナル・ギャラリーに関っている人々の情熱が


ほとばしっているシーンもたくさん。


訪れる度に新しい発見があり、進化し続けているギャラリー


である事の裏付けとなる会話がたくさんでした。




最近のニュースで「!!」っと感じていたのは、

今年の一月のフランス パリでのテロ攻撃による追悼が、


ヨーロッパの各都市で行われた事を報じていた時、

トラファルガー広場での追悼に集まった人々の背景に、


ナショナル・ギャラリーの建物一面が

フランスのトリコロールカラーが映し出されていた映像でした。

(画像と記事はこちらにあります)

ナショナル・ギャラリーがこういう事をするようになったんだな、と

強く印象に残っていたのです。


きっと館内でも様々な議論があっての事だっただろうと、映画を見て感じました。





絵画鑑賞の仕方についても様々な角度からの提言も含まれていて、

昔から大好きなナショナル・ギャラリー、

ますます興味が増して、また行くのが楽しみになりました♪


映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」サイト







ちょっと、画像でナショナルギャラリーへトリップ。


b0209976_20030434.jpg




ナショナル・ギャラリーに通じる地下鉄の最寄駅はそれこそたくさんありますが、

こちらはチャリングクロス駅。

トラファルガー広場の東側へ出ます。




b0209976_20313635.jpg




トラファルガー広場のライオンさん。

ここで待ち合わせをすると大変な事になります。

(お尻か頭側かを決めないと、グルグル回って探さないといけない…)




b0209976_19354510.jpg


ナショナルギャラリー☆。

入口の階段を登って、振り返って見える景色も大好きです。

b0209976_19354613.jpg



ネルソン提督、ライオンの向こうに、ビッグベンが映ります♪



館内の撮影はNGなので、画像はありませんが、

天窓、ドーム、壁紙や内装も本当に美しいです。


ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、フェルメール、レンブラント、


ターナー、ゴッホ、大御所から

分かりやすい所で、スーラ、シスレー、ピサロ、


ルノワール、マネ、モネなど

ルームNO.40番台の部屋は印象派が多く見応えあります。



No.44の部屋にある、ルノワールの「アンブレラ」が好きです。





訪れる度に圧倒されていた、入口近くの対で置いてある巨大な生花装飾。

どうやって活けているのかな…、と長年思っていた、数メートルの高さ。






b0209976_20040059.jpg

大きさが分かりますか?



b0209976_20062140.jpg

人物の入っている画像で参照。

b0209976_20064705.jpg



昨日の映画の中にこっそりとでしたが、答えがありました…☺。


b0209976_20051477.jpg



館内のカフェやギャラリーショップも充実しています。

職員さんも親切な印象です。

(方向音痴なので迷子になっても、現在地とその場所をやさしく教えてくれます…)


それなのに、無料って…。ありがたすぎる、


イギリスのギャラリー、ミュージアム。



金曜日は21:00まで開いているのも素晴らしいです。



あ、でも館内のフロア案内用のリーフレットは数年前から


有料で、£1になっています。

入場料と思えば、それでも安いものです。


ちなみに、ナショナルギャラリーのサイトからプリントアウト出来るので、

絶対行く!という方は、ご用意を。


ナショナルギャラリー サイト(日本語も有り)


お隣の分館、ナショナル・ポートレートギャラリーもおすすめです。



KBCシネマでの上映は、今週4/12までです。











  週末から始まる、こちらウッディ・アレン×コリン・ファースも


観に行きたいです♪。


b0209976_19354369.jpg

[PR]



by piskey | 2015-04-07 19:33 | 音楽・映画・本

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧