英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

けやき通り文化サロン  vol.5「珈琲美美 森光氏」


福岡市中央区の赤坂けやき通り。

こちらの通りでお店を構えていらっしゃる有志のみなさまが開いていらしゃるお話し会に
昨晩、お邪魔させていただきました。


ゲストは「珈琲美美」さんの店主森光氏。


b0209976_21501569.jpg
☝会場のロコハウスさん。

珈琲は詳しくないけれど、好きなお店の店主さん。
どんなお話が聞けるのか楽しみに伺いました。







b0209976_21103639.jpg
☝いただいた資料の一部。


1時間ちょっとのお話しの内容も珈琲と同じく味わい深く、いろんな点と線が繋がったりするような

とても興味深い内容でした。濃かった…。

40年以上珈琲と向き合われてきた方の言葉。


そして、自分のコーヒーの淹れ方がいかに間違っていたかを知る事も出来ました。


お店に伺ってもあまり話掛けたり出来ないタイプの人間なので、とても貴重なお話しを伺えました。



ネルドリップ、自家焙煎のこだわり。

手仕事が生むもの、手仕事にしか生まれないもの。

喫茶店のこれからの、あり方。

喫茶店はひとが自分に帰る場所であること。

珈琲は安らぎと、エネルギーも与えてくれる飲み物であること。




底の浅い自分がこうして書くと、薄っぺらいですが、本当に広くて深いお話しでした。

聞き手でいらっしゃったカフェ・ド・カッファの平田隆文氏の問いかけも興味深く。




お話しのあとは、なんと贅沢にもネルドリップの実演を拝見しながら、珈琲をいただきました☆

40人ほど全員が、じっとお手もとを熟視という緊張感…。


珈琲のアロマとみなさんの笑顔で満たされた空間を、共有させていただきました。

カメラを向けるのは無粋の極みでご遠慮しております。


珈琲を淹れ続けられて、40年以上、ひとつの道を極めて、今も極め続けてらっしゃる方のお姿は

たおやかで穏やかなオーラに溢れていらっしゃいました。



いただいた資料に南青山の大坊珈琲さんのお名前があったのですが、2014年12月に閉店されていらしゃったのを
今別のサイトで知りました…。

ほぼ日のサイトで対談を見付けました☟。今まで気付かなかったのが悔やまれます。

ほぼ日 大坊勝次さんとの対談

こちらの対談も興味深いです。




話が脱線しましたが、また美美さんのお店に憩いを求めて伺いたいと思います。




けやき通り文化サロンの情報などはこちらです。 HP☞けやきタイムス











[PR]



by piskey | 2015-01-28 21:06 | 日々のこと

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル