英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

アンティークボタンとの出会い

学生の時の卒業旅行で初めてイギリスを訪ね、初めての蚤の市で、宝探しのような楽しさにはまりました。

貧乏学生だったので、高価なアンティークには手は出せませんでしたが、その時に出会った小さなアクセサリーや、ポストカード、時計は今でも大切にしています。
何年経っても、あの時の高揚感は忘れられません。

そして、イギリスを訪れる度に、あちこちのアンティークマーケットやフェア、蚤の市をウォッチングするように。

b0209976_1305070.jpg

ボタンに出会ったのは確か、数年後に訪れた、ロンドン南のバーモンジーのマーケットが最初だったと覚えています。

b0209976_1305116.jpg

今はすっかり再開発で、当時の規模ではなくなってしまい、ひっそりとした雰囲気です。ここで、手芸用品や布ものを扱っているおばあちゃんに会いました。
ボタンとの出会いです。

b0209976_1305331.jpg


ふるいものは、100年以上前のヴィクトリア時代の一点ものから、1960〜70年代のヴィンテージまで。


b0209976_130552.jpg

すっかりとりこになったのでした。
b0209976_1305663.jpg

指輪にしたり、ヘアアクセにしたり。
b0209976_1305422.jpg

ブラックガラスや、ラスターガラス、メタル、
b0209976_1305720.jpg

マザーオブパールの素材がつい集まってきます。


b0209976_1305920.jpg

楽しみ方もいろいろで、
こちらは、ゴムを丸カンで付けて、ヘアアクセに。
b0209976_131087.jpg

どんな洋服に付いていたのか、洋服に合わせてデザインされたのかなど、妄想好きとしては、これまた楽しいアイテムです。

ガラスになると重さもありますが、小さく持ち帰りやすく、ジュエリーよりは気軽に☆
b0209976_131193.jpg

これからもきっと切りが無いのでは…。
b0209976_131367.jpg


バーモンジーで出会ったおばあちゃんは、この春にもお会いする事が出来ました☆

今では、アクセサリーを主に扱っていらっしゃいますが、いつもキラリ!と飛び込んでくる
アイテムが見つかります☆
[PR]



by piskey | 2013-09-11 22:01 | 英国アンティーク

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧