英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

デコパージュ工房 アンジェローズさん@福岡市南区

イギリスのアンティークマーケットで見つけた、ヴィクトリア時代の紙片。

b0209976_21283938.jpg

アルバムのデコレーション用に当時大流行したシートで、クロモスとも呼ばれています。
b0209976_21284085.jpg

クロモスは、カードのデコレーションやラッピング、コラージュなど様々な使い方も出来ますが、気になっていたのが、「デコパージュ」という技法です。

紙や絵を木や皮、樹脂などに貼って、作り上げていく技術、色いろ調べると、福岡市でも教室があることを発見!

早速ご連絡をとって、ドキドキわくわく、レッスンを受講してきました☆

福岡市南区で教室を開講されてらっしゃる、アンジェローズさんです。

二種類のウッドプレートから、作りたい方を選択。オーバルの白木を、ペイントするところからスタートです。

b0209976_21284136.jpg

右上が本田先生の見本です。今日はこちらを作りながらのデコパージュ体験です。

早くもムラムラですが、何度か乾いて塗りを重ねて綺麗に☆

b0209976_21284236.jpg

使用する薔薇柄の紙を、楕円形の木の土台に合わせて、手でちぎって抜いていきます。

途中、葉っぱが破れそうに…汗。

b0209976_2128428.jpg

そして一番プルプルしたのは、紙の端の処理でした。
ロウソクであぶって、端を焼くのです。びっくり。結構燃えるのです!
火事を起こしたらどうしよう、と小心者はプルプル…。

b0209976_21284347.jpg

これでアンティークの風合いが〜☆

土台に、ぴっしり、空気が入らないように、特殊な接着剤とローラーを使って慎重に貼り付けます。
b0209976_21284558.jpg

工程は、先生のお助けとともに、ドンドン進み、縁取りの装飾も。


専用のニス塗料を、ドライヤーで乾かしながら、重ね塗りをしていきます。
b0209976_21284536.jpg

繰り返して、約2時間ほどで壁飾りが完成しました!
b0209976_21284637.jpg

言われないと、紙を貼っている感じはしないかもしれません。
手で触れても、ツルンと、木との一体感があります。

左が先生のお手本です。切り取る部分や、空間の取り方でも随分違ってきます。
私が失敗した部分は、きちんと先生がカバーして下さいました〜。ありがとうございます。
丁寧に細かい注意点や、コツを教えていただきました。


そして教室内のあちこちに散りばめらた、本田先生の作品です。


b0209976_21284922.jpg


木だけではなく、金属、陶器、ガラスの作品も多数、塗料の使い分けや、立体的に仕上げる技巧など、様々な技術があり、奥が深いです。
芸術の域です☆
b0209976_21285097.jpg

ジュエリーBOXや、絵画をデコレーションした作品や花器にお皿も。
b0209976_21285142.jpg

↑もとはプラスティック素材には見えませんでした。漆器に近いです。

↓卵の半身ですよ、かわいい!薔薇も立体的です。
b0209976_21284775.jpg

イギリスでもよく見かける、↓3DのシャドウBOX。ピーターラビットです。
b0209976_21285226.jpg

こちらもデコパージュの技法のひとつだそうです。

b0209976_21285379.jpg


駆け足で、ちょっと垣間見ることが出来たデコパージュの世界。

先生が、金閣寺の金箔の修復と作業が近い部分があると仰っていました。

素材ごとの塗料の使い分けや、繊細な技術で制作の幅が無限大なのかもしれません。


イギリスのアンティーククロモスでも何か作れたら・・・。

もうちょっと知りたい、作りたいと思っているので、何とか時間を作らねばです。


アンジェローズさんは南区高宮のアミカスでも月に一度、講座をされているそうです。
講師コースのカリキュラムもいただきました。

久しぶりの習い事、あ〜、楽しかったです!
本田先生、ありがとうございました☆


●デコパージュ工房 アンジェローズ
教室の開校日、時間は毎月こちらでお知らせされていらっしゃいます。
HP 
福岡市南区長丘
[PR]



by piskey | 2013-09-04 20:31 | 日々のこと

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧