英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

シルバー磨き*Goddar's

夏はシルバー素材のアクセサリーをつけたくなりますが、お手入れも必要です。
毎日のお手入れは使った後に、鹿皮のシームや柔らかい布で拭くだけでもいいですが、
夏場はどうしてもくすみが早くなります。

学生時代に、今も20代〜30代の方中心に人気がある、某ジュエリーショップで
アルバイトをしていました。
その時に、材質に合わせたクリーニングの基本を学んだのですが、
シルバー磨きはその時良く任されていた作業です。
くすんだシルバーのアクセサリーがキラキラの輝きになるのは、楽しい作業でした。

今思えば、何事も経験しておくものだと、しみじみ。

b0209976_17241457.jpg

こちらは、英国のシルバー磨き、ゴダーズ社の液体とクロスの2点です。
現地の金物屋で購入。
銀器を扱うアンティークマーケットのディーラーさんも、よく使っているメーカーです。
留学時代もホームステイ先のおばあちゃん宅のカトラリーを磨いたりもしていました。


b0209976_17241577.jpg

ディップと呼ばれる液体は、そのまま浸けられるので、細かい部分までピカピカに。
浸ける時間は数秒で十分です。水でよくすすいで、水分を柔らかい布でふき取ります。

でもピカピカすぎて、銀のいぶした感じはなくなります。

銀の磨き具合は、くもった感じや、少し黒くなって陰影が付いた感じが好きなど、
好みによるところもあると思います。

b0209976_17241657.jpg

象が連なったブレスもピカピカです。

b0209976_17241790.jpg

フェルト地に研磨剤が練りこんであるクロスは、プレートやカトラリー、面積が広いものに。
細やかな模様の陰影を残すのはクロスで。

b0209976_17241896.jpg

エリザベス女王のロイヤルワラントがうやうやしく、いえ、でかでかと付いています。
英国王室御用達。
でもお値段は庶民的です。それぞれ十分な量と大きさで、£4(600円)しない位です。

ただ、ディップは内蓋も何もなく、白いキャップを回した途端、なみなみ入っていた中身が
手にびっしゃりかかり、床にこぼれましたよ~。涙。
このへんが、英国感です。


手持ちのシルバーをまとめてクリーニングすると、かなり気持ちもスッキリ。

また、大切に使おうと。

b0209976_17241966.jpg

キラキラ☆
[PR]



by piskey | 2013-08-25 17:46 | 日々のこと

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧