英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

Hop on Hop off/新型ルートマスターのデビュー

ロンドンの交通といえば、チューブ・地下鉄と2階建てバス、ダブルデッカー。

「ルートマスター」と呼ばれる、バス後方から自由に乗り降りできる昔からお馴染みの
スタイルのバスが廃止されたのは2005年です。

b0209976_20104297.jpg

       ©Wikipedia
b0209976_2083061.jpg

       ©Wikipedia 乗降は後方から↑

ルートマスター廃止のニュースは古き良きイギリスの形がまたひとつなくなってしまうようで
寂しいものがありました。

確かに1990年代に初めて乗った時は、あまりのアナログさに愕然としたのも事実です。
乗り降りは開きっぱなしのオープンな後方からで、バス一台には運転士さんと車掌さんの2人体制。
運転士さんは運転のみで、車掌さんが新たに乗ってきた乗客のチケットを切ったり、
チェックに2階にも上がってくることも。

降りる時は車内天井につながってるヒモを引っ張ると、「チンチン!」とベルが鳴るしくみ。
アナログ~!もちろん、エアコンなんてありません。
でも、車掌さんに降りたい場所を言っておくと、ちゃんとバス停が近づくと
大声で教えてくれたりもするアナログの良さ。

そして、自由!乗り降りは、バス停じゃなくてもダッシュして飛び乗る人、降りる人、
よく飛び乗り損ねて転倒してる人見たりしました・・・。自己責任の国です。
でも日本では危険過ぎ・・・。

人件費や2階建ての重量分の燃費も大変だった事でしょう・・・。
現在は、前から乗って運転士さんが全てを仕切るスタイルで、日本と一緒です。

んが、2005年以降もこのルートマスター、時々見かける事があったので、
廃止じゃない!と思ったら、限定ルートで数台はまだ現役のようです。
ルートマスターファンがうるさかった様子。

そして、またオリンピックイヤーの今年、ニューフェイスが誕生だそう。

b0209976_18125866.jpg

                             ©London Transport

↑ハイブリット車で、流線形の丸みを帯びたデザインです。
ルートマスターをベースにデザインされて、後方からの乗り降りも復活!
きっとオリンピック観光に大活躍。

ダブルデッカーの高い2階席の一番前から見る風景は、本当に見応えが。

伸びた木々の枝が窓にバッサバサ当たりながら、視界に広がるロンドンの風景。

b0209976_18235876.jpg


次に行くときは、さっそく新型にも乗ってみたい~と思うニュースでした。
[PR]



by piskey | 2012-03-03 11:43 | 英国くらし

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧