英国とヴィンテージ雑貨あれこれ

イギリスのトピアリー

円形や四角、動物型など様々な形に刈り込まれた樹木のトピアリー。
もともとはヨーロッパで王侯貴族のお屋敷、庭園で装飾的要素が強い
植栽として取り入られ始めたものだそうです。

b0209976_14581370.jpg

                              ⇈ロンドンの花市場で

b0209976_14401991.jpg

              ⇈テムズ南側の「Iglo」。おしゃれなワインショップ&フローリスト
      
ツゲやイチイの木が主に使われています。
映画「シザーハンズ」でも、ジョニー・デップが、ハサミの手でいろんな形に
刈り込んでました。
あの世界が実際にイギリスの庭園でも、たくさん見かけられました。
この造形の面白さ、何か心惹かれてしまいます。

b0209976_14381876.jpg

              ⇈チェルシーのナーセリー。2.5m以上ある巨大キャンデラブラ型。
               価格も1本20万近くしました。セレブなお宅用。   


自分が見た中では、ロンドン郊外のハンプトンコート・パレスの広大な庭園、
リーズ城の植栽で作られた巨大迷路は興味深かったです。
やっぱりお金持ちのお庭は違います。

でも、普通のお宅や、公園でも。
b0209976_14585816.jpg

              ⇈コッツウォルズの村の個人宅。色んな形と色合いがすてきでした。

でも普通のお宅にしても、トピアリーは形を維持するメンテナンスが
大変です。
やっぱり裕福なお家でないと、管理が難しいのでは・・・。

以前、ケンジントンパレスの公園で、ガーデナーの植栽の刈込の真っ最中に
出くわしました。しっかり観察してしまいましたが、植栽の高さより高い
L字型のスケールを地面から立てて、脚立にのぼり、慎重に作業。
高さも3m位ある樹木だったので、やおいかんなぁ・・・という感じです。

イギリスで盆栽が流行るのも分かる気がします。
形を手を加えて作るという点では、和のトピアリーですよね。
個人的には、円柱型のネジネジや、ゾウ、犬などの動物型の
トピアリーが好みです。
[PR]



by piskey | 2011-06-09 14:53 | 英国くらし

イギリスのふるいものかわいいもの 日々のこと
by piskey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 小さなお店はこちらです☆

●福岡市中央区薬院で英国古物店を営んでいます

 PISKEY VINTAGE
ピスキーヴィンテージ
-イギリスのふるいもの 
    かわいいもの- 
website☟
http://piskeyvintage.petit.cc/
●お店のblog☟
「PISKEY VINTAGE のあれこれ」
http://pskvintage.exblog.jp
facebook☟
PISKEY VINTAGE ピスキーヴィンテージ-イギリスのふるいものかわいいもの-




ロンドン
旅行口コミ情報
↑旅のおすすめブロガー<ロンドン>に認定して頂きました

最新の記事

Trooping the c..
at 2017-06-16 23:09
David Bowieを訪ね..
at 2017-01-05 21:40
⚫︎LIBERTY LOND..
at 2016-07-17 18:03
蓮/福岡城址
at 2015-06-28 21:58
●英国のインテリアと家具の歴..
at 2015-05-09 20:37

検索

ブログジャンル

画像一覧